スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ご用心が過ぎる。の巻

2015.01.13.11:46


毎日毎日同じ場所に設置され。



毎日毎日、オニギリ姉妹に使われているおなじみのネコベッド。



にもかかわらず、





 omi150113_1



omi150113_2.jpg



omi150113_3.jpg



毎回、潜るまでの用心がすごい。




●念入りな安全確認ののちに、無事寝床におさまったミソ猫くん。
 omi150113_4





でも、いったん収まってしまえば、




 omi150113_5




呆れるほど、無防備w



スポンサーサイト

シマシマ転送実験。の巻

2014.11.10.17:00



黒猫につづきまして、シマシマの転送実験レポートでございます。



ベルトで作った輪っかで、おこげの時は失敗しましたので。



今回は、入り易いとウワサの、テープを床に張って装置を設置することにします。




●ターゲットねこ、新たに床に出現した、転送装置を目視確認!!
 omi141110_2



●装置のギリギリ近くまで寄って来るも、手前でピターリと止まり、
omi141110_3.jpg



●飼い主の作った雑なサークルを不審そうにスンスンスンスン嗅ぎまくり、
 141110_4




●カメラをかまえて、見るからにワクワク期待値の上がってる飼い主に気を遣うかのようにチラ見。↓

おみそ:「たぶん・・・ワタシに求められてる解答の正解は、この中に入ることなんでしょうね・・・。」

 141110_5





飼い主の意図をなんとなく察知しつつも、結局シマシマ、転送装置に入らず。




ちょっと困ったように私のとこに戻って来て、



なんか弁明してました^^;↓

 141110omi_1



気を遣わせて申し訳なかったね(笑)。



<おまけ:飼い主近況>

バイト先で子供に、「●●くん、(自分の)ファイル取って来て。」って言おうとしたところ、「あ、ファイルくん・・・」と言うてしまい、その後周りのこどもらに「ファイルくんって誰やねん!>▽<」とあざけり笑われました。

最近頻繁に頭で思ってることと違うことが口から出てくるようになって、困ってます(;▽;)これも老化の一種でしょうか???同年代(アラフォー以上>▽<)の皆さん、同じような症状、ありますか!?

おこもりばかり。の巻

2014.11.06.17:21


このネコを、↓


 omi141106_1



飼い主は転送してみたいと考えてるワケですが。



気温が下がったせいで、日中はほぼほぼ私のお布団の中にお篭もりしてばかりで、起きてきてもこんな感じでマッタリしてることが多い。


転送実験が行えませぬ。。。



夜私の就寝前にちょっと遊ぶモードになるけど、その時は逆にテンション高過ぎて実験できる雰囲気じゃないんですよね〜^^;。



今しばらく、実験結果報告はお待ちくださいませ。



●おみそ:「何を企んでるかは知りませんが、そうそうおみそがおかーさんの思い通りに動くと思わない方が良いよ。」

 omi141106_2


知ってる、知ってる(=▽=)

おまえも相当、へそ曲がりだもんね。(飼い主に似たに違いない。)

知ってるけど、ひょっとしたら実験成功するかもしれないから、一応やってみたいのだよ。



* * * *




おこげもネコベッドでお篭もりタイムが多うございます。↓

 oko141106_1


 oko141106_2


動かないと、ますますデブに拍車がかかるよ〜〜〜!


最近のおこげの我が家での通り名は、「デブ太郎くん」です。。。←元の名前の原型無し!

猫転送装置導入。黒猫の場合。の巻

2014.10.30.17:27


とろろ姉さんちのねころんちゃんや、harryさんちのマノぽんモアぴょんが転送・・・されなかった(笑)、猫界で話題になっているとゆー『猫転送装置』を、我が家にも導入してみました。



●ベルトで輪っかをつくってみました。(他にはビニールヒモくらいしか適度な長さのヒモが無かったので。ビニールヒモだと、じゃれついて遊んじゃうから^^;)

tensousystem.jpg




おみそくんは人間用ベッドに潜り込んで爆睡中だったので、おこげくんで実験


果たして我が家の黒猫は、無事転送されちゃうのか!?どきどきわくわく
>▽<!!







●ターゲット、接近中っ。

tensousystem_okoge2.jpg









●素通りっっ!(T▽T)

 tensousystem_okoge1




好奇心たっぷりのおこげだから、転送実験、うまく行くと思ったのになあ。。。


実験結果:我が家の黒猫、『猫転送装置』で転送されず。



次はシマシマでリベンジだ>▽<!!



<おまけの、飼い主徒然日記。>


単身赴任して以来、ダンナの実家からちょこちょこ、ダンナの関西帰還に合わせて(と言ってもビミョーにタイミングがズレてるけど)物資が届きます。


●今回はエエ感じのブドウと、エエ感じの枝豆。

edamame1410.jpg



きっと、栄養摂らせてやれとゆーことなんでしょう。あくまでこれは私にではなく、ダンナに届いたもんなんです(=▽=)そんなもんですよね。従って、「帰ってくるまで枝豆、茹でて保存しておいてね」とゆー、お姑さんからのやんわりした注意書き付き。


だけど、いざ茹でて塩まで振ったホカホカ湯気の出てる枝豆を前にすると、ついつい悪気はないけど何かにつけてつまみ食いしてしまう。。。


明日の晩ダンナが帰ってくるまでに、どのくらい残ってるかな〜〜〜?。←悪いヨメ。(笑)

猫除けってさ。の巻

2014.09.29.17:56



町中でよく、水を入れたペットボトルを猫除けとして置いてる家とか、見ますけど。










●水入りペットボトルに密着してくつろぐサバシロねこ。

omimizu.jpg







こういう光景を見てる身としては、絶対アレ、効果ないよって教えてあげたくなっちゃう。^^;




プロフィール

nicocider.

Author:nicocider.


レンタルサーバー



nico.(にこ)

このブログの記述人。
お絵かきマンで、かつ物づくり大好き人間です。
このブログにも猫のことにまぎれて時々作品が登場します。

nico.のホームページはコチラ↓




「Sunny or Rainy?」の過去ログはコチラ



このブログの登場動物たち



孤高の老うさぎ、プッチ
オニギリシスターズの永遠の姉さん。
享年13歳。

その可憐な姿と強い心は、ずっとずっとサニレニ家の伝説として語り継がれることでしょう。






2007年「海の日」に我が家にやって来た元ノラのシマシマニャンコ(♀)、おみそ
只今9歳の天然素材。いろんな意味で猫の領域を踏み越えている。




一人っ子のおみそのために妹を探していた我々夫婦がネットの里親募集記事で一目ぼれした、黒猫のおこげ
「梅宮辰夫」似の丸顔さんだったおこげも、いまや立派なお年頃♪
只今8歳です。
天真爛漫なくろなまこちゃん。

おこげの登場により、我が家の2匹の猫さんたちはおこげの教育担当さくらまま。さんより「おにぎりしすたーず」というありがたい呼称を頂戴することになったのです♪

にほんブログ村 猫ブログへ a_04.gif


最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア


                            marunekobanner.gif

nekobukurobanna.jpg

abnomal_club_4.jpg

omiokobana.gif

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。