スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そそられるシリーズ(第何弾かは忘れたけれど。)。の巻

2014.06.30.17:00

街で見かけた、そそられる物シリーズでございます^^




●とある公園の、日陰の砂場にヒッソリ埋もれる”フタコブラクダ”のオブジェ。↓

rakudakouen.jpg





この公園を利用しているお子様方は、このラクダでどのようにお遊びになられるのか。





そそられまする。








●とある教会の、お説教のテーマ。↓

osekkyou.jpg



ちょっぴり、聴いてみたいような気がいたしました。



これまた、そそられます。




おみそ:「おとーさんも、会社にふりまわされちゃって、サラリーマンのサダメとはいえ・・・お気の毒なんです。」
 omi140630




そう。


ダンナに2週間前、突然辞令がくだり、サニレニ家はテンヤワンヤなんですよ^^;



しばらく、バタバタです。。。



* * * *

ーーお知らせでっす^^ーー

ぱんとらさんが、シマシマぼーやの三兄弟を保護しましたよ。
めっちゃくちゃ可愛いったらないのです♪
「この子こそ、ウチの子になるべき子だ!!」と運命感じちゃったそこのアナタ!
いますぐ、ぱんとらさんのブログにレッツらGO&コメント欄にご連絡でございますだよっ>▽<

(↓もう一匹います。三兄弟だから^^)
140624_koi-ash.jpg

スポンサーサイト

インパクトのあるスイーツショップの名前。の巻

2013.11.11.17:46

先日、主人が行きつけの美容院に置いてあったチラシを、店の名前に惹かれて持って帰ってきました。


その名も、「yodareneko」(よだれねこ)。


yodareneko1.jpg


場所はどこじゃろかい、と地図を確認すると、我が家の比較的近所。


ケーキ屋さんです。


食べ物屋さんで、ズバリ「ヨダレ」などという分泌液を名前に使っちゃうあたりが、なんかスゴイ。うん。これは久々の”そそられる”ネタと言えましょう。


とゆーわけで、一昨日、出かけてきました^^




そして、買って来た!>▽<↓

●クッキー。
yodarecookie.jpg


●クッキーのネーミングセンスにも、そそられます。
yodarenokimochi.jpg


普通に美味しい^^;



そして、更なるそそられるポイントとして、こちらのお店・・・すっかり洋菓子屋さんの風情なのに、イチオシは「手炊きわらび餅」(=▽=)アハ


もちろん、買って来ました。私が行ったときはもうすでに一つしか残ってなかったです。わらび餅。
確かに人気商品のようでございます。。。

わらび餅が一つしかなかったので、ダンナは「わらび餅ロール」とゆー、ロールケーキの真ん中にぐわっ!とオススメわらび餅が巻かれた商品をチョイス。


私、本ワラビ粉のわらび餅って初めて食べたんですが(いつもまがい物のわらび餅しか食べてない^^;)もっちもちのねーっとりな食感で、間違いない美味しさでした!


リピートする気マンマンです♪



<おまけの、我が家の”よだれネコ”。>

 omiyodarenokimochi

theme : 猫のいる生活
genre : ペット

安芸の宮島へ行っとりました。の巻

2013.04.29.11:42

GWとゆーわけで、ちょびっと遠足してきましただ。

ダンナさんが「俺は広島に行った事はあるが、宮島に行った事がない」とぽつりとつぶやいたので、(広島まで行って、何故厳島神社を見ない???とたいそう不思議な気持ちにはなりましたけど。ちなみに私はおばあちゃんが広島出身だったので何度か行っております。)、今回の行き先は安岐の宮島に決定。


サニレニ家広島旅行ダイジェストを見てやってくださいな。↓


●宮島口に到着。
miyajimast.jpg



●フェリーに乗って宮島へ渡ります。
miyajima1.jpg



●着いたらまず腹ごしらえ。↓牡蠣あんまり得意じゃない私でも、やっぱり産地のとれとれは美味しうございました。
gohan130427.jpgkakimesi.jpg
yakigaki.jpg




●予定にはなかったんですけど、近くに水族館があることを知って、先ほどむさぼり食った牡蠣の、今度は「存命バージョン」をもしっかり目に焼き付け。(この『宮島水族館』レポートは、また後日^^)
suizokukankaki.jpg



●神社の方へ戻る途中、偶然「猿回し」をやってるところに出会いました♪
sarumawasi1.jpg

sarumawasi2.jpg


お猿さん、可愛かった〜〜^^。はい。あの子のゴハン代になるんだもの。タダ見は良くないよね、とゆーことで「おひとり様100円のつもりでやっております」とゆー見物料だってちゃんと払ってきましたとも。



●民家庭先のなかなか難しいポイントによじのぼって葉っぱをむさぼり食う鹿さんを横目に眺めつつ、小道を進みます。↓
sika130427.jpg

※ミニ情報:宮島の鹿さんは奈良の鹿さんよりは荒っぽくない。(奈良の鹿はスゴイよ=▽=;)


●厳島神社!
miyajmiotorii1.jpg


●この時は引き潮だったので、潮溜まり&その中にいるヤドカリさんたちをピョンピョン(年甲斐もなく)飛び超えながら、
siodamari.jpg


●大鳥居の足元まで行って記念撮影〜!
ootorii2.jpg


●参道の入り口。
miyajimasandou.jpg


●参道からの眺め。
sandoukara2.jpg



●帰りは、広島カープ模様の電車の電車に揺られてJRの駅まで戻ります。
carptrain.jpg



●旅のしめくくりに、広島焼きをお土産に持ち帰り、お家で夕飯^^。

hirosiayaki.jpg


見る所がたくさんあって、時間を持て余すこともなく。


楽しい旅行でした^^。


もちろんネコさんたちには「どこ行ってたにゃ><!」って叱られましたけどね。(笑)



theme : 猫のいる生活
genre : ペット

倉敷にて。の巻

2012.08.22.11:15

前回の続きでございます^^

倉敷、美観地区入り口にて。

猫好き人間にはけしてスルーできないような、魅惑のお土産物屋の看板を発見。


その名も、『倉敷猫屋敷』



kurasiki9.jpg



猫屋敷なのに、店の正面には実物大ワンコの置物が堂々と飾ってあるのを見て、「猫屋敷やのに・・・」て思ってたら、店の他の所には『倉敷の猫屋敷』って違う店名が掲げられてました^^;

猫好き客のみならず、犬好き客もあわよくば取り込んでやろうと後から「犬部分」付け足したよね?!・・・と推測(笑)。


店名どおり、お店の中には猫と犬のグッズがいっぱい>▽<!



ついでに、普通なら音楽が流れているべき店内のBGMは猫の「ニャーニャー」言う鳴き声がひたすら流れておりました。

猫好きの我々でさえ長時間居たらノイローゼになるんじゃなかろか???ってくらい、絶え間なく、ひっきりなしに(=▽=)。




●お店の看板猫ちゃん?風呂敷のように大きなアメリカン・カール氏とベンガル氏。↓ガラスケースの中でお昼寝中。この子たちに比べたら、うちのおみそなんぞ”小娘”サイズです。
kurasiki8.jpg


けっきょくこんな↓猫ブローチと猫ネックレスを買って、お店を後にしました。

nekoacce.jpg



さすがに炎天下歩き回って咽喉が渇いたのでゴハンでも食べがてら休憩しよう、ということになり。



予めネットで調べてた珈琲館にイン。


が、そこは『珈琲館』とゆーお名前どおりの、文字通りコーヒーしかメニューに無いお店で^^;

ゴハンはお預けとなりました〜(T^T)


でもコーヒーは美味しかったです。(量は少なめだけど)↓
kurasiki11.jpg



休憩後は、色々倉敷の町並みを散策しましたよ♪↓


『倉敷アイビースクエア』。ここ、ホテルになってて宿泊もできるのです。高校の修学旅行ではここに泊ったので、思い出の場所だったりします^^(かれこれ20年前のお話)
kurasiki10.jpg


他にも大原美術館のミュージアムショップ(美術館に入館しなくてもいろんなゆかりの美術グッズとか買えるのが嬉しい。←て、私は買いませんでしたが
^^;。猫のパラパラ漫画とか、意外と猫グッズも豊富でした♪)とか色々見てまわり。


空腹の限界状態になったので、ブランチ。↓

雑貨屋兼カフェになってる、『林源十郎商店』にて、私はお昼ゴハンを、ダンナは昼食はあんまり欲しくない人なので白桃タルトのセットをそれぞれ注文。↓

●私のゴハン。
kurasiki13.jpg



ダンナの白桃タルト。
kurasiki14.jpg



のんびりグダグダの倉敷旅行は、これにて終了。


再び新幹線に乗って、帰宅の途についたのでした^^






お家に戻ると、お留守番だったオニギリさんたちにニャーニャーと文句を言いまくられ。


こんな↓

onigirisan120819.jpg


日常風景を眺めながら、「やっぱり我が家が一番だねえ♪」などと代わり映えのしないセリフをつぶやいてしまう飼い主たちでございました♪



おしまい、おしまい。









theme : 猫と暮らす
genre : ペット

岡山旅行記。の巻

2012.08.19.11:20

前回の記事投稿のあと、おむおむさんから追加でミッフィー母さんのお写真も頂いたのでお披露目〜^^*↓

●クウちゃん&ねねちゃんを産んだミッフィー母さん。美人ちゃんだね>▽<!
miffychan1208.jpg



さてさて、今回は先日訪れた倉敷旅行記です^^。

我が家から岡山駅までは、全行程1時間半ほどで到着します♪・・・時間的には奈良より近いぞっ(笑)

●たまたま「さくら」が来たので乗車。このまま終点まで行ったらおむおむさんにも会えるんだよなー^^
kurasiki1.jpg


岡山駅、到着。
kurasiki2.jpg

岡山の地に足を踏み入れるのは高校の修学旅行以来。

そのままバスに乗って、日本三名園のひとつ後楽園へレッツらゴー。

その間、我々が乗車したバスにて「運賃両替機の故障」というトラブル発生
(=▽=)。
我々は小銭足りたから困らなかったけど、運転手の「現在両替出来ません。運賃を多く入れてもおつりは出て来ませんから。」とゆー強気なアナウンスにはさすがに驚きました。

みんなどうするのかなあ???って思って見てたら、みんな仕方なく多い金額を黙って入れて降りてたことに、これまたびっくり^^;
これって、関西ではあり得ない光景かも???岡山県民の大らかさに拍手。

ちなみに多く支払われた運賃は、どうなるんでしょね?^^;まさか運転手さんのポケットマネーとか・・・?


そんな県民性の違いに胸ときめかし(?)つつ。


後楽園に到着!↓
kurasiki16.jpg

●園内の様子1。遠くにうっすら見えてるのは、「岡山城」です。その昔、お殿様はぐる〜っとお堀を船で渡って、後楽園までいらしたそうな^^
kurasiki5.jpg



●園内の風景その2。「蓮ゾーン」。青空にハスの濃い緑が映えて、大変美しうございました♪
kurasiki74.jpg



●園内の風景その3。「桜ゾーン」。もちろんこの時期花はなく^^;そんな地味〜な桜の木をぼーっと眺めるダンナ氏。(単に暑さで朦朧としているだけかも)
kurasiki6.jpg



●園内の風景その4。「蘇鉄ゾーン」。蘇鉄の木がモコモコにょきにょきいっぱい生えてる様子はちょっと南国風で楽しい♪
kurasiki7.jpg


帰りは「たぶん、歩けるぞ」とゆーダンナの意見を聞いて、後楽園から岡山城までてくてく徒歩で戻りました。私は野山で育った山猿のような女なので、歩くのはけっこう好きなのでございます。




その後電車にて、岡山駅→倉敷駅へ移動。


長くなっちゃったので、目的地である肝心の倉敷のお話は次回に続かせてください^^。


<おまけ。>

ダンナ撮影。そそられる店名の、美容室。

「毛美刈」=「けみかる」。
kurasiki18.jpg


自然派嗜好が高まる昨今の風潮に敢えて逆行するような店名がツボ。(=▽=)

theme : 猫と暮らす
genre : ペット

プロフィール

nicocider.

Author:nicocider.


レンタルサーバー



nico.(にこ)

このブログの記述人。
お絵かきマンで、かつ物づくり大好き人間です。
このブログにも猫のことにまぎれて時々作品が登場します。

nico.のホームページはコチラ↓




「Sunny or Rainy?」の過去ログはコチラ



このブログの登場動物たち



孤高の老うさぎ、プッチ
オニギリシスターズの永遠の姉さん。
享年13歳。

その可憐な姿と強い心は、ずっとずっとサニレニ家の伝説として語り継がれることでしょう。






2007年「海の日」に我が家にやって来た元ノラのシマシマニャンコ(♀)、おみそ
只今9歳の天然素材。いろんな意味で猫の領域を踏み越えている。




一人っ子のおみそのために妹を探していた我々夫婦がネットの里親募集記事で一目ぼれした、黒猫のおこげ
「梅宮辰夫」似の丸顔さんだったおこげも、いまや立派なお年頃♪
只今8歳です。
天真爛漫なくろなまこちゃん。

おこげの登場により、我が家の2匹の猫さんたちはおこげの教育担当さくらまま。さんより「おにぎりしすたーず」というありがたい呼称を頂戴することになったのです♪

にほんブログ村 猫ブログへ a_04.gif


最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア


                            marunekobanner.gif

nekobukurobanna.jpg

abnomal_club_4.jpg

omiokobana.gif

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。