スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

良いお年を^^!の巻

2013.12.31.00:00


故郷静岡側からの富士山^^↓(正月を前に、実家に里帰り弾丸ツアーを済ませてまいりました)


hujisan1.jpg


fujisan2.jpg


前々日に富士山あたりでは雪が降ったそうで(母談)、青空バックで頭に雪を戴いた富士山は眺めるにはベストなコンディションでしたよー♪


*  *  *  *



皆様、今年も大変お世話になりました。

今年の冬はとっても冷え込みますので、お体に気をつけて良い年末年始をお過ごしくださいね^^


おみそ:「今年は最後の最後で歯を三本もスッコ抜かれるとゆー憂き目にあいました。その節は皆様からたくさんのご心配と励ましのお声をいただき、大変感謝しております。」
omi131231.jpg




来年は歯磨きできるようになってくれると嬉しいなあ。



おこげ:「おこげは来年はおかーさんに『デブ』と罵られんようにダイエットがんばります!>▽<」
 oko131231



ほんとに、切実に、デブ脱却を目指そうね。(T▽T)




とゆーわけで、来年もどうぞサニレニ一家を宜しくお願いいたします〜〜〜
^^!良いお年を!!
スポンサーサイト

theme : 猫と暮らす
genre : ペット

クリスマスに頂いた嬉しい物ご紹介♪の巻き

2013.12.25.17:52

皆様、クリスマスおめでとうでございます♪


今日ちょっと梅田まで出る用事があったのですが、街を歩けばカップルだらけ。


ムービングウォークのど真ん中でイチャイチャ絡み合うカップルたちの壁を、スルーリスルリとイタチのように巧みに避けつつ猛スピードで買うべき物だけ買って小一時間ほどで帰って来た「ノッポのまんじゅう頭(NOT”スイカ頭”@幽玄道士)」こと、nico.でごわす。





そんな私にも、思いやりいっぱいのクリスマスの贈り物、頂いちゃったのでご紹介させてくだされ♪



クロpapaさんから、ニャンコの顔マット美味しい(もう既に開封>▽<!)クッキーたくさんを頂きました^^*↓

kuropapasanxmas13.jpg



オリジナルクロちゃんポスカが可愛くてオシャレでございます。↓
 kurochanxmas13




hoppetanさんからは、金色でゴージャスでゆる可愛い、こんな黒猫ちゃんのクリスマスカードが!↓
hoppetansanxmas13.jpg




クロpapaさん、hoppetanさん、どうもありがとうございました〜〜〜!>▽<

おかげで、昨日のイブは暖房完全オフの極寒の職場(このままバイト先の「暖房を入れない政策」が続けば年明けくらいに凍死も夢じゃない。)で休憩無しのフル稼働ノンストップ7時間勤務の地獄のあと、身も心も癒されましたっっ。


感謝いっぱいです^^*



theme : 猫と暮らす
genre : ペット

クリスマス猫2013ばーじょん。の巻

2013.12.24.22:44



もうちょっとでイブが終わってしまふっっ!


とゆーわけで、ドタバタ更新!>▽<



せっかく頑張ってこんな↓写真撮ったのに、ムダになってしまうから〜〜〜〜
^^;



まいどおなじみ、サニレニ家の”クリスマス担当”おこげさん。


 xmas13_2




おこげ:「またおかーさんがヘナチョコなクリスマス飾り折って、おこげに無理矢理載せる〜〜〜〜!」
 xmasokoge13_




「めっちゃ迷惑ー。めさめさ迷惑ー。」
xmasneko13_3.jpg




そう言うな、おこげ餅よ。


思いやりの心を皆に振る舞うのがクリスマス精神だぞっ>▽<




<おまけの、飼い主のクリスマス。>

ぼーぼーだった髪の毛をやっとこさ切ってルンルンだったものの、今日5歳の女の子に「髪切ったらおまんじゅうみたいになった!」と言われ、ほんのちょっぴししょんぼ〜りのクリスマスとなった飼い主です。。。


theme : 猫と暮らす
genre : ペット

おこげ、ストレス発散する。の巻

2013.12.19.18:14

おこげ:「最近、おみそちゃんばっかりチヤホヤされてる気がします。ついでに言うと、おこげのブログの登場回数も激減です。あと、おかーさんがおこげのことをやたら”デブ”って言います。」
oko1319_0.jpg


「・・・。」 じー。

oko131219_1.jpg






「・・・おみそちゃん人形・・・。」 ※注Gaviちゃんのおねえちゃんに頂いたネコひげスタンドです。
oko131219_1.jpg




「バクリ!」

 oko131219_2



「続いて、ペシペシ!」

oko131219_3.jpg




「やめてくれえええっっ(汗)!」と飼い主、アワ食っておみそのおひげスタンドを救出。


焼き物だから落とされたら大変〜〜〜><;


きっと、リアルおみそに同じことしたら10倍返しされるので、こうして静かにひとりストレスを発散してるのかもしれまへん。
(て、飼い主の考え過ぎか?笑)




theme : 猫と暮らす
genre : ペット

美味しい頂き物と、キツネ顔復活!の巻

2013.12.16.18:16

猫友のおむおむさんから、かわい美味しいオヤツをどーっさり頂きましたっ
>▽<!!


一足早い、クリスマスプレゼント〜〜^^*

 omuomusan 131216


サンタブーツや、ふわっふわの黒猫ポーチにめいっぱい詰め込まれたうまうまクッキーの山!山!山!


黒猫さんブックマークに、プッチによく似たうさぎさんカード (pq*´∀゚)ウレスィ~♪


お菓子、地元のお店のだと思うんですが、とっても美味しかったです^^!おむおむさん、ありがとお〜〜〜>▽<


昨日メールで送ってくれた愛猫クウちゃん(黒猫美少女)の擬人化妄想画像、めっちゃ可愛かったよー(*≧∀≦)




*  *  *  *


前記事の長い長いダラダラ記事を読んでくださった皆様、またおみその抜歯騒動に励ましをくださった皆様、どうもありがとうございました。



おみそ、すっかり元気になって、




●おたふく返上、キツネ復活!!

omi131216_1.jpg


フェイスラインも元通り〜^^



おみそ:「もうお口痛くないから、」
omi131216_3.jpg




「こんな風にお手手カジカジもできますだよ。」
omi131216_4.jpg





「うふふふー(* ̄ω ̄)」
 omi131216_2




元気になって、抜歯前よりもパワーアップして甘えん坊&利かん坊モードに突入。



VIP待遇し過ぎたせい?(((;◔ᴗ◔;)))


あ、こないだの土曜日最後のお口検診におみそを病院に連れてったら、体重は3.9キロと、抜歯直後とあまり変わらないところまで戻っておりました^^

抜歯前の体重測定では4.1キロだったから・・・まあだいたいこのくらいでキープしてくれれば良いかな♪

theme : 猫と暮らす
genre : ペット

抜歯後のハンストの件。の巻(飼い主覚え書き)

2013.12.12.18:06

※今日もまた苛めのように文字ばかりの長文なのでご興味ない方、スルーしてくだされ^^;この記事が、少しでも同じ悩みを抱えてる方の役に立てますように。



おみその抜歯の後、おみそはウェットフードも食べ始め、おこげ用のカリカリをも(噛めないので)丸呑みしていたのですっかり大丈夫だろうと油断していた私。


本当の地獄はその後やって来たのでした><。


おみそ、急にハンストを起こしたんです。


抜歯をしたのが先々週土曜日。一週間後の先週の土曜日は、傷口確認のため病院で先生にチェックしてもらいました。(私、抜糸のためってブログで書いちゃいましたが、傷口の糸は自然に溶ける糸を使ってるそうで抜糸は必要ないとのこと。勘違いでした^^;)この時までは順調に食欲も戻ってるように見えたのです。


以下、経過をまとめました。↓



日曜日:

夜、缶詰を1/3ほど食べました。が、それ以前に「これ」と明記できるような食事は摂ってくれませんでした。

土曜日病院から帰って来てから初めて胃袋に入れてくれた食事がこれだけなので心配に。




月曜日:

前日最後の食事(夜10時過ぎだったかなあ)をして以来、朝まで何も食べず。

昼過ぎ、さすがに心配になってきた飼い主。
ペットショップに買い出しに走り、抜歯後食いつきの良かった缶詰&おみその食欲をそそりそうなカリカリを思いつくまま数種類買って来る。


帰宅後、買って来たウェットフードを口元まで運んでやるも、手のひらにぽっちり載るくらいの量しか食べない。無理強いしたら余計気を削ぐかもと思い、引き下がる飼い主。

直後下痢。

夜、総合栄養食の缶詰、パウチ類は全て試すも、拒絶するので応急処置的におみその大好物であるシーバのスープ(抜歯直後でさえこれは1パック完食した。)を与えるも、水分だけ飲んで身の部分は全残し。


飼い主、かなり動揺する。



空いてる時間にネットで色々情報集め。「猫は36時間絶食で危ない」「肥満猫なら(おみそは肥満まではいかないけどちょっとぽっちゃり)肝リピドーシスを起こす危険も」「猫は命の危険に晒されても気に入らない食べ物を食べるくらいなら餓死を選ぶ子もいる。」など、ナーバスになる情報を多々発見して落ち込む。





新しい若い猫草を用意してやったところ、目の色変えて食いつく。ということは、お口が痛くて食べられないというわけではないのか?



この間、おみそは動きも活発だし、弱ってる様子はなかったです。

夜、ニコニコ膝の上に飛び乗り、私の腹を踏んで揉んでを繰り返すおみその、明らかに軽くなってしまった体重を感じて我知らず涙と洟で顔面を濡らす飼い主。


火曜日:

おみそ、相変わらず元気に歩き回る。早朝からミーミー鳴いて飼い主を呼ぶ。

夜明け前のリビングで、なんとかおみそに食べさせよう作戦に勤しむ飼い主。食べない。断固として、食べない。


ペットショップで買って来たカリカリ全て開封して試すも、クンクン嗅いで「いらなーい」とそっぽを向くのです(;;)


フラリと起きて来たダンナが「本能があるんだから、生命に危険があると思ったら食べるって」とかノンキなことを言うのでキッと睨んで「餓死する子もいるんだから!(←某獣医さんブログの受け売り^^;)安易なこと言わないでよ!」とマジ切れ。←この時点でnico.に心のゆとりはゼロだったので責めないでいただきたい。(笑)


もういい。仕事行く前に午前中病院に連れてって点滴を打ってもらおうと、半泣き&放心状態でリビングの床にパジャマのまま壊れた起き上がり小法師のポーズで転がる飼い主を哀れと思ったのでしょうか。

もしくは、飼い主の鬼気迫る緊張感が点滴を決めた瞬間抜けたのが良かったのか。


おみそ、お皿に小分けして何種類か並べてたカリカリのうち、『ロイヤルカナン 食感と味にこだわりがある猫用』のカリカリの皿の前にかがみこんで、ぽりぽりと食べ始めたのです。


私の手で1掴みくらいの量を盛ってあったのをほぼ完食。


無宗教のくせに、「おおっ!神よ!!」と天を仰いで感謝しそうになりましたよっ>▽<

なるほど。人はこのようにして宗教にはまるんだなと変な事を思う余裕も。(笑)


その後、ちゃぷちゃぷお水も飲み、もどす気配もなかったので、私ももう一度お布団にもぐって7:00過ぎまで少し眠りました。




とりあえず危機は回避したと思ったので、点滴は無しにして仕事へ。




職場の玄関前の落ち葉を帚で掃いてる間も、小学生に割り算を教えてる間も、幼稚園児の洟をティッシュでぬぐってやる間も、頭の中では今後のおみその食事プランについて、考え直しておりました。←いいのか、おい。


6時間(私の勤務時間)みっちり冷静になって考え抜いた結論。↓


●ロイカナだのニュートロだのにこだわらず、むしろジャンクな(?)味の濃いカリカリでこそ拓ける道もあるかもしれない。(今朝も、おみそがチョイスしたのは「味と食感」メインのカリカリだったし。)


●結果丸呑みになってるとはいえ、噛んで食べる努力をするから、歯が無くなってむき出しになった歯肉炎部分とカリカリの粒が接触して痛むのかも。


●食欲を取り戻して来たタイミングで嘔吐と下痢をしたとき、ひょっとしたら「胃のムカムカ感」や腹痛を感じたのかもしれない。それで、食事を採るという行為自体に対して嫌なイメージがついてしまった可能性もある。




以上の分析結果をふまえ、仕事終わりで閉店間際のスーパーに駆け込み、「老猫用カリカリ」をゲット(=▽=)!


老猫用なら歯が弱い子でも食べられるように作ってくれてるし。弱った胃腸でも消化してくれそうだし。(念のため、隣接の薬局でビオフェルミンも買って来ました。エビオスはあるんですが苦いからかおみそ、食べてくれんのです^^;)


スーパーに並ぶ老猫用カリカリの中でもとりわけ粒が小さくて薄いコチラ↓をチョイス。

 ginguru1


私が帰宅すると、空腹は空腹なので絶対おみそは一度は私についてキッチン(自分のゴハンの場所)に入ってくるんです。

今まではお皿にカリカリをよそってやったらニオイだけかいでぷいっと拒否を繰り返してたんですが・・・今回はどうだろう?とドキドキしつつ、買って来たカリカリをよそっておみその前へ。


最初用心深げにニオイ嗅いでましたが、やがてサラサラサラサラ〜〜〜っと食べた!完食した!どっせーい!どどどっっせえええいっ!(←歓喜の奇声)


その後、すっかり食への恐怖が取れたからか、モリモリ食べる日々が戻ってきました\(*T▽T*)/

今ではもう、抜歯前と全く変わらない「食いしん坊おみそ」として復活しとります♪


ありがとう、『銀のスプーン 13歳以上用』!!


・・・さすがに、13歳以上の猫さん用のを6歳のおみそに食べさせ続けるのもどうかと思ったので^^;昨日から同じメーカー・同じシリーズの、↓

ginguru2.jpg

7歳以上用に変えました。


ちなみに、参考のためカリカリの粒の大きさ比較を載っけておきますと、↓

●粒の大きい方から順に、「ロイカナ:オーラルセンシティブ」「ニュートロナチュラルチョイス:アダルトチキン」「ロイカナ:味と食感にこだわりがある猫用」「銀のスプーン7歳以上用」「銀のスプーン13歳以上用」です。
 karikarikurabe1

13歳以上のヤツの粒の小ささがおわかりになると思います^^お茶漬け感覚でサラサラいけちゃう感じなのでございましょう。



まあ、こんなワケでして。


現在おみそのハンストとゆー嵐が去った我が家にはこのように、↓

karkari131212.jpg


おみそが食べたり食べなかったりした種々様々のカリカリの山がてんこもり溢れております。。。




theme : 猫と暮らす
genre : ペット

飛騨高山のお土産を頂いちゃった>▽<!の巻

2013.12.09.20:36

riderさんおかみっちょんさんが(おふたりは仲良し^^)、今回お目もじ叶わなかったnico.に(私のタイミングの悪さのせい)と、お二人で行かれた高山のお土産を送ってくださったんですよ〜〜!↓


●riderさんチョイスの猫さんの鉄瓶敷き>▽<
tetubinsikinekosan_2.jpg

包み紙に押されたお店の名前=「猫輪商店」(ネコノワ商店)のハンコに胸キュン!


以前購入したお気に入りの南部鉄器の鉄瓶と、良く似合う風情です^^*↓
tetubinsikinekosan_1.jpg




●おかみっちょんさんチョイス、「にごり酒の湯」の素>▽<
nigorizakenoyu.jpg


こちら、もうすでにお風呂に入れて堪能させて頂きました^^!

ちゃ〜んと、日本酒の香りがしましたよっ♪温泉みたいなヌルヌル感があって、お肌に潤いが戻って来た!


この他にも、

nekoton.jpg


毎夜毎夜、愛用させていただいております(=▽=)エヘ

肉球とんとん〜〜〜〜〜^^!←NOT正式名称。我が家での呼び名。

私は肩より背中がバッキンバッキンに凝るので(背筋の無さと、生来の緊張しいの為だと思われる。)このシマシマの肉球とんとんで我が背中をバシバシ力任せに殴りつけておりやす♪とっても気もち良いのデス^^



お菓子とか、頂いちゃった (pq*´∀゚)ウレスィ~♪
okashi131209.jpg

麦粉菓子と、きな粉菓子(^q^)
素朴な風味が癖になる美味しさ。あっという間に完食です。(モチロンもうすっかり食べちゃった♪)


riderさん、おかみっちょんさん、どうもありがとうございました!!>▽<


お二人からのお手紙には、ワタクシnico.のことを「オカシイよね。」「オカシイ。オカシイ。」と書かれており、どうやらすっかり私が至極愉快な女として、期待値が上がってしまっておるようなのですが。

私、ごくごくフツーの、特に会話の中でも爆笑の一つも取ることすらままならぬマジメでつまらぬ女でございますので・・・お会い出来た暁には、ハードルをもう一度低めに戻しておいてやってくだせい〜〜〜〜!(笑)

でもお目にかかっておしゃべりする機会を、楽しみにしておりまーす^^*


おこげ:「おかーさんは、爆笑はムリでも子供相手には時々『失笑』くらいなら買っておるようですよ。」
 oko131209


はい。

こないだ、ちょっぴりおイタが過ぎる男の子(小2)に、採点途中のプリントの山を落とされそうになったので「あ!こら!そんなんしたらアカン!」と言うたところ、「エエやん〜〜〜別に〜〜〜 ((┓( ̄∀ ̄)┏))ケラケラ」と生意気なお口をきかれたので、「もし落っことしたら泣く!!○○君が引くくらいでっかい声で泣く!!」と堂々宣言したところ、「・・・・・・・ハッ。」と鼻で笑われました。

どうしても子供と同じ土俵で闘ってしまいがちです。

theme : 猫と暮らす
genre : ペット

だいぶ元気になってまいりました^^の巻

2013.12.04.18:22


流れ的に記事のカテゴリは「猫・心配ネタ」になっておりますが、おみそ・・・だいぶ回復してきてます!>▽<

二回目の点滴のとき、病院で体重計ったら3.9キロになってて(おみそは通常4キロ台をキープの猫)「おみそが無くなっちゃう><」と切なくなったものですが、今や食欲も戻りつつあります。

今朝は、久しぶりに私の胸の辺りにそっとお手手を置いて、「そろそろ朝だよ。朝ご飯の時間だよ。」と起こしてくれました♪ああ、嬉しい。

元気になってきたら今度はお薬(抗生剤)を飲ませる苦労が出て来ますが(体力回復して力強く薬を拒絶^^;毎朝晩格闘。)それもこれも、嬉しい悲鳴と言えましょう。


●今日のおみそ。

 omi131204_2

顔を洗う元気が出て来ました。

調子悪い時はお顔も洗わず、薄汚れて顔の白い部分全体がネズミ色じみておりましたが。

今は少し清潔感が戻ってきました(笑)。これも健康のバロメーターですな^^
もう大丈夫そうです♪皆様本当にありがとうございました!



*  *  *  *



お披露目が遅くなってしまいましたが(汗)、徳馬さんからステキなクリスマスぷれじぇんつ〜〜〜>▽<!!↓


●我が家が、猫のおトイレの始末用に年中トイペロールをリビングのテーブルにむき出しで無造作に転がしてるのを徳馬さん、察知されたのでしょうか!?>▽<
こういう可愛いカバーがあると良いなあって思ってたのです!めっちゃ嬉しい〜〜!!

tokumasan131204_2.jpg


●可愛いチャームと、ウサギさんのヘアピン!こちら、以前きんときまめさんに頂いた猫ちゃんのと同じシリーズかなあ^^?仕事行くとき、前髪がうっとうしいのでいつもピンで留めてるんですけど、最近は毎回「今日は猫ちゃんにしようかしら?ウサギさんにしようかしら?」と鏡の前でウキウキ悩む私です♪
tokuumasan131204_1.jpg


徳馬さん、どうもありがとおおおおっ!!!>▽<

theme : 猫と暮らす
genre : ペット

経過報告。(飼い主の覚え書きの意味もこめて。)

2013.12.02.19:59

皆様、温かい励ましのお言葉ありがたく頂戴いたしました。
すごく力になります。感謝です!


昨日おみそはかなり痛がりまして、寝ていることすらままならぬ感じでお口から玉のようなヨダレをポトポト落としておりましたので、病院の午後診療が開く午後四時に病院に駆け込みました。


傷口をチェックしてもらったところ「ひどく出血してるということもないようです。痛むのでしょうね。」ということで、ゴハンとお水を全く摂れてなかったので栄養と痛み止めと抗生剤を点滴してもらいました。


帰ってからも爆睡していたおみそ、呼吸が速く苦しそうだったのですごく心配しましたが、夜9時をまわるころ、少し落ち着いてきました。

22:30には自分でベッドから起き出してキッチンへ向かい、「お腹空いたから何かくれろ。」のおねだり。めっちゃ嬉しかった!シーバのパウチを一袋食べました。


その後、夜〜朝〜午後3時くらいまではずっと私の布団の中にこもって寝てばかり。


全然食べないので今日もまた点滴してもらうことになりそうやな・・・と思いましたが、3時半くらいに缶詰(今度はちゃんと総合栄養食のを買ってきました。)を水で少し伸ばしたヤツを1/2缶弱食べてくれたので少し希望が。


その後、午後6時くらいにもう一度同じフードを同じくらいの量ベッドまでデリバリーしたところ、これまた完食。


病院の診療が19:00までなので、念のためこの時間に確認しておこうと思い、直後電話。


昨晩から食べた時間と食べた量を報告し、指示を仰ぐと「今日は様子を見てあげて大丈夫です」とのお返事だったので、このまま寝かしておくことにしました。


ちょこちょこでも、胃に食べ物を入れてやることを心がけたいと思っております。


明日はもっと元気になってくれると良いのですが。


theme : 猫と暮らす
genre : ペット

帰還。そして「おたふく」になったおみそ。の巻

2013.12.01.13:25

前記事で心強いコメントで飼い主の内心不安なキモチを勇気づけてくださった皆様、どうもありがとうございました!

おかげさまで、おみそは昨晩7時過ぎに無事自宅に帰還いたしました。


これから同じような症状&治療をすることになる猫ちゃんもいるかもしれないので、事の次第をざっと記録しておきます。参考になれば幸いです。(長いので、興味の無い方はスルーしてくだされ〜^^)


【歯肉炎発見の経緯。】

おみそは肛門膿が溜まる子なので、定期的にお尻絞りに病院に連れて行っております。(とはいえ、年1〜2回ですけど)
その時、ついでにお乳とお口に異常が無いかどうか、お医者さんにチェックをお願いしてるんですが、今回初めて「奥歯が歯石溜まって、歯茎も腫れてる」と言われてしまいました。

飼い主、ビックリしてしまって「え!ど、どうしたら良いですか?」と質問。

先生も、緊急にどうこうという程の緊張感を醸してはおらず、「そうですねえ・・・うーん。一番傷み易い歯だからねえ。抜いちゃっても良いかなあ・・・」と。

人間の場合だと、虫歯の治療なんて早ければ早いほど良いじゃないですか。

で、

私:「酷くなることはあっても治ることってもう無いんですよね?」

先生:「そうですね。」

私:「〜〜〜〜〜〜(しばし悩む)。じゃ、じゃあ、抜いちゃってください!」



とその場で抜歯の予約を入れました。


が、帰宅後、「まだそれほど歯の根っこが傷んでないかもしれない歯を抜くのって、歯茎をだいぶ深く切らなあかんやろし・・・かなり体に負担があるんじゃないだろうか?」と不安に。

自分が親知らず抜いたとき、抜歯後ひどい痛みと高熱で苦しんだ経験があったので。


が、ダンナの「歯周病やし、ほっといたら、きっと悪い菌とかが口の中に増殖して他の歯まで悪くなるのではないか」という言葉を聞いてそれもそうだと思い、抜歯当日を迎えました。


あ、下世話な話ですが・・・病院では動揺して聞くのを忘れた費用がどれくらいかかるのか?という疑問が湧き、手術前に電話をかけて確認したところ、「だいたい5〜6万くらい」との回答。既に先日12本の抜歯を経験したねころんちゃんの飼い主さんであるとろろ姉さんからも「6万ちょっとだったよ〜」という経験談を教えてもらってたので、相場並みだなとひとまず安心。(我が家のような庶民にはお高い治療費ですどね^^;)



【手術当日】

手術は全身麻酔が伴うので(事前に詳しく検査をしてくれ、不安があれば中止しますというお言葉を頂いてました。)、前日10時以降はお食事抜き。当日は朝からお水も抜き。

食いしん坊なオニギリ姉妹(可哀想だけど、おこげにも付き合ってもらいました;;)に食事のガマンさせることが本当に辛かった・・・(T^T)
夜中、おみそが静かに「ふみゅ〜〜〜」っておねだりしに来るのを、「ごめんね。ごめんね。」と何度も抱きしめてガマンさせる、長い長い夜になりました。(おこげロケットは何発も飛んで来ましたが、彼女のおねだりは景気が良いのでそれほど悲しい気持ちにはならないのです。^^;)

で、当日朝九時、おみそをキャリーに詰めて病院へ。

事前診察してもらって、「キチンと検査して、もしも抜かなくて済むようなら抜かずに済ませます。」と先生はおっしゃいましたが、正直私のキモチ的には、また歯石が溜まって(おみその奥歯をしっかり歯磨きできる自信がどうしても私にはわかないのです)絶食&全身麻酔にドキドキすると思うと・・・「いや、もういっそ抜いてしまってくだされ」と内心思うのでした(鬼ですかね?^^;)が、口に出しては「再発が心配ですが・・・先生にお任せします。ベストな選択と思う選択をお願いします」とお願いして帰ってきました。


4時頃、またお電話しますね。と言われ、夕方4時までドキドキ。

やっと4時になり、携帯に「終わりました。まだフラフラしてますが・・・このあとしばらく体調を観察させてもらって、何もなければ6時半〜7時くらいに迎えに来てもらえますか?大丈夫なら、そこでもうお引き渡しいたします。」と電話が。


そこからまた6時半までドキドキ^^;


あんまり落ち着かないので、6時20分くらいに病院に到着してしまいました。


そっからたぶん、色々点滴とかしてもらってたのかなあ?おみその顔を我々が見るまで30分くらい待ちました。

で、先生から事前検査の報告(歯以外の異常は無し)とか、手術の結果とかを説明してもらいまして。


結果、おみそは当初の予定どおり一番奥の奥歯2本(レントゲンで見たら歯の中もかなり傷んでたそうな。)と、気付かぬうちに折れていたという歯(先生曰く、「この歯も、歯周病とかで傷んで脆くなってたのでしょう。」とのこと)の根っこも悪くなってたので、その歯も含め計3本の歯を抜歯してもらいました。


やはりでも、まだグラグラもしてない歯だから深く歯茎を掘らないといけなかったからでしょうか。

帰宅したおみその顔は・・・↓

 omiotahuku1


otahukuomiso2.jpg

写真ではわかりにくいでしょうか。。。

ほっぺがぷくーーーー!っとおたふくのように腫れて(特に右頬)おります。


●ちなみに、この↓点滴のあとを保護してるテープはもう剥がしてよいか現在悩み中。(笑)
otahukuomiso3.jpg



今朝もまだちょっと腫れてるけど、昨晩よりはだいぶマシです。↓

yokujituomiso1.jpg


yokujituomiso2.jpg


あと、帰宅後やたらトイレに入り、おしっこを4〜5回、「大」の方も一回(良いヤツを)しました。


が、昨晩から翌日である今13:42現在になっても、ゴハンを食べようとしません(;;)。

カリカリをふやかしてやったのも「要らん」、普段なら目の色変えて飛んで来るパウチ(スープ仕立て)も「要らん」と、食べないどころか、口の端にちょっと付けてやったらむしろ不快な表情をします。

まだ痛むのかもしれません。

さきほど病院に電話して確認したところ、「お昼過ぎても食べなければ連れてきてください。点滴と痛み止めを処方します。傷口の確認もしましょう。」とのこと。


というわけで、また今日も4時からの午後の診療に連れていかなあかんようです・・・(がっくり。)

なるべくゆっくり寝せてあげたいんだけどな。



最後に治療費ですが、しめて¥45,255でございました。

言われてたよりは、安かったので・・・ほっ^^;

theme : 猫と暮らす
genre : ペット

プロフィール

nicocider.

Author:nicocider.


レンタルサーバー



nico.(にこ)

このブログの記述人。
お絵かきマンで、かつ物づくり大好き人間です。
このブログにも猫のことにまぎれて時々作品が登場します。

nico.のホームページはコチラ↓




「Sunny or Rainy?」の過去ログはコチラ



このブログの登場動物たち



孤高の老うさぎ、プッチ
オニギリシスターズの永遠の姉さん。
享年13歳。

その可憐な姿と強い心は、ずっとずっとサニレニ家の伝説として語り継がれることでしょう。






2007年「海の日」に我が家にやって来た元ノラのシマシマニャンコ(♀)、おみそ
只今9歳の天然素材。いろんな意味で猫の領域を踏み越えている。




一人っ子のおみそのために妹を探していた我々夫婦がネットの里親募集記事で一目ぼれした、黒猫のおこげ
「梅宮辰夫」似の丸顔さんだったおこげも、いまや立派なお年頃♪
只今8歳です。
天真爛漫なくろなまこちゃん。

おこげの登場により、我が家の2匹の猫さんたちはおこげの教育担当さくらまま。さんより「おにぎりしすたーず」というありがたい呼称を頂戴することになったのです♪

にほんブログ村 猫ブログへ a_04.gif


最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア


                            marunekobanner.gif

nekobukurobanna.jpg

abnomal_club_4.jpg

omiokobana.gif

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。