スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そそられるシリーズ(第何弾かは忘れたけれど。)。の巻

2014.06.30.17:00

街で見かけた、そそられる物シリーズでございます^^




●とある公園の、日陰の砂場にヒッソリ埋もれる”フタコブラクダ”のオブジェ。↓

rakudakouen.jpg





この公園を利用しているお子様方は、このラクダでどのようにお遊びになられるのか。





そそられまする。








●とある教会の、お説教のテーマ。↓

osekkyou.jpg



ちょっぴり、聴いてみたいような気がいたしました。



これまた、そそられます。




おみそ:「おとーさんも、会社にふりまわされちゃって、サラリーマンのサダメとはいえ・・・お気の毒なんです。」
 omi140630




そう。


ダンナに2週間前、突然辞令がくだり、サニレニ家はテンヤワンヤなんですよ^^;



しばらく、バタバタです。。。



* * * *

ーーお知らせでっす^^ーー

ぱんとらさんが、シマシマぼーやの三兄弟を保護しましたよ。
めっちゃくちゃ可愛いったらないのです♪
「この子こそ、ウチの子になるべき子だ!!」と運命感じちゃったそこのアナタ!
いますぐ、ぱんとらさんのブログにレッツらGO&コメント欄にご連絡でございますだよっ>▽<

(↓もう一匹います。三兄弟だから^^)
140624_koi-ash.jpg

スポンサーサイト

オニギリ姉妹の怒りは、神風をも呼べるらしい。の巻

2014.06.26.16:00



ーーまずはお知らせでっす^^ーー

ぱんとらさんが、シマシマぼーやの三兄弟を保護しましたよ。
めっちゃくちゃ可愛いったらないのです♪
「この子こそ、ウチの子になるべき子だ!!」と運命感じちゃったそこのアナタ!
いますぐ、ぱんとらさんのブログにレッツらGO&コメント欄にご連絡でございますだよっ>▽<

(↓もう一匹います。三兄弟だから^^)
140624_koi-ash.jpg


* * * *


今日、スーパーからの帰り道、ちょうど田んぼ脇の小径にさしかかったところで一陣の突風に煽られ、かぶっていた帽子が飛ばされ。



水を張ったばかりの田んぼにぽっちゃんいたしました。


カンカン照りの日差しの中、半分濡れて雫のポタポタたれる帽子を片手にトボトボ歩いて帰るのは、それはもうミジメな気持ちでございましたとも。ええ。




おみそ:「きっとバチがあったったにちがいないだよ。その風は神風にちがいないだよ。」

 omi140626




そう。


今日は朝が早かったため(ダンナが東京出張だから)、時間に余裕があった私は、最近ちょっと毛皮が脂じみてきていたオニギリ姉妹を両方とも、さくっと洗ってしまおうと急遽思い立ち、実行したのです。↓



●ヌレネズミ状態の黒猫。
 oko140626



●ちょっと乾いてふっくらボール状のシマ猫。
 omi140626_2




オニギリ姉妹の怒りは、天より風をも呼べるらしい。



おそろしいことじゃ、おそろしいことじゃ。。。




* * * *

ゴーヤになんか見慣れぬ部品が付いてきました。↓


go_ya140622.jpg


* * * *

一方面で役立ってるようなので、サニレニ家の献立コーナー続けます。(興味の無い方はスルーでお願いします^^)

●ごはん・挽肉のオムレツ・タコときゅうりの酢の物・なめこと豆腐のみそ汁
 140622_gohan1


●ごはん・酢豚・海藻麺のせグリーンサラダ・キノコ汁・きんびらごぼう
1406_gohan4.jpg


●ごはん・塩鮭・冷奴明太ポン酢のせ・ひじき煮・和風ポトフ
140622_gohan3.jpg


●タコライス・ごぼうスープ・茄子&ピーマン&人参&ジャコを甘辛く炒めたヤツ。
140622_gohn2.jpg

謎多き、ヒヨコ豆。の巻

2014.06.22.11:29

riderさんから、少し前にヒヨコ豆のタネ(つまりは、ヒヨコ豆そのものとゆーことです。)を分けていただきました。

 hiyokomame2



予めriderさんからは、「日本ではなかなか育てるのが難しいらしい」という情報を頂いてたものの、湧き上がる興味を抑制できず、「育ててみたい♪」とヒヨコ豆栽培に名乗りを上げたワケでございます。



日本での栽培が難しい理由、それは、



ヒヨコ豆は冷涼・乾燥な気候を好む。




そんなヒヨコ豆くんの大好きな気候とは真逆の、梅雨ど真ん中の我が家のベランダにおいて生を受ける羽目になったヒヨコ豆くんの、種まき〜今日現在の様子をばごらんくだされ。



●riderさんからタネ到着直後。

水腐れしないよう、100均で買って来た炭玉の中にヒヨコ豆の種豆を埋め、乾燥しないよう水を上からかけながら根を出していきまする。↓


 hiyokomame




●根が出たタイミングで、砂(土より水はけが良いから)を種まきポットに入れ、発根したヒヨコ豆くんたちを苗まで育てまする。(写真はちょうど発芽したくらいの頃)↓

hiyokomame3.jpg



無事苗まで成長し、植え替えのタイミングを迎えた段階で、ふと考えた私。



水耕栽培でヒヨコ豆をば育てたい、という当初の目標だったワケですが、前述のとおり、ジメジメ大嫌いなヒヨコ豆くんを水耕栽培でいわば水浸しにしちゃうってのは、かなりキケンなのではないだろうか、と。

加えて言うならば、豆類は種まき後から、自力で根粒菌とゆー栄養になる菌を根の周りに発生させて成長するので、水耕栽培にするとせっかく根に付いているこの菌が流れて成長阻害要因になってしまう可能性も考えられ。





最悪、全ての苗が全滅してしまう可能性もあるわけで。




コワイので、保険をかけて、3種類の環境をヒヨコ豆くんたちにご用意させて頂くことにいたしました。



●2つの苗は、予定通り水耕栽培にて育成。(写真は2014年6月22日現在)

hiyokomame1_040622.jpg




●1つの苗は、サボテン用の土で育成。(写真は2014年6月22日現在)

 hiyokomame2_140622



更に2つの苗は、種まきしたのと同じ「川砂」で育成。(写真は2014年6月22日現在)

hiyokomame4_140622.jpg



今のところ、どの環境の子がどう、というハッキリとした差は出てませんが、なんとなーく、勢いだけは水耕栽培チームが一歩リードしてる感じ。

ですが、少し葉先が黄色くなってるのが気にかかる。。。


とにかく、全ての意味でミステリアスです。ヒヨコ豆^^;


無事収穫を迎えるべく、現在奮闘中のnico.なのでございます♪←かなり楽しんでる。



<おまけのオニギリさん。>

「猫だって砂漠原産の動物らしいけど、ジメジメの日本の夏にも順応してるもんね。ヒヨコ豆諸君にもがんばって欲しいものでございます。オニギリシスターズはこの夏、ヒヨコ豆を応援しています。」
onigirisan140622.jpg

7つになりましたぞ。の巻

2014.06.16.17:00


みなさん、こんにちは。


おみそです。


おみそは昨日、6月15日にお誕生日を迎え、めでたく7つになりました。


おかーさんは、「おみそももう7歳かあ・・・」ってため息なんかついてますけど。


おみそはこれからもますます、元気で頑張ってゆく所存であります。



辛気くさいおかーさんには喝を入れてやりますにゃっ>▽<!


おみそ:「ていっ!」
omi140615_2.jpg




「てえい!てえええいっっ。」
omi140615_3.jpg



「そして、トドメにゃ!!」ぐわし!
omi140615_4.jpg



「ふっふっふ。」

omi140615_5.jpg




「おかーさん、ちょっとは気合いが入りましたか?」

omi140615_6.jpg



これからも粉骨砕身、おみそのために尽くしたまえね。


さすればおみそは、猫又になるまでおかーさんのそばにいてあげるからね。



theme : 猫と暮らす
genre : ペット

モテモテ気分に浸りたい人は・・・の巻

2014.06.12.17:36

モテモテ気分に浸りたいとゆー人は、




猫を飼うと良いと思う。



そして、うんとこさどっこいしょとばかりに、愛情の限りを注げば良い。



そしたら絶対、猫は愛情を返してくれるから^^



●おにぎり姉妹、愛を飼い主に還元セール中。↓

omioko140612.jpg



 omi140612_1




猫がクールでなツンケンした生き物だとゆー世間いっぱんのイメージって、一体どっから来たんだ?って、不思議になります。


こんなに甘甘なのにねえ(笑)



<おまけ>

サニレニ家の晩ご飯シリーズ。


<煮込みハンバーグ・きゅうりとミョウガとわかめの酢の物・Mさん直伝:人参とツナの炒め煮・チンゲンサイと玉子のみそ汁・明太子。>
thursdaysupper.jpg


<スパムの豆乳シチュー・ラタトゥイユ・カラスカレイのムニエル>
fridaysupper.jpg

剛力シュシュ。の巻

2014.06.09.15:20

前記事で載っけた豚肉のピリ辛トマト炒めのレシピのリクエストいただきましたので^^


簡単にご紹介しまーす♪


あ、ちなみにこのレシピ、私のオリジナルじゃなくてどっかから引っ張ってきたレシピ(情報源は失念^^;)でございます。


<材料×4人分>

■豚肉(生姜焼き用とか切り落としとか)・・・300g

■トマト・・・大1ケ

■生姜・ニンニク・・・適当(みじん切り)

■調味料・・・豆板醤・ケチャップ(各大さじ1)・ガラスープの素(小さじ1)・塩こしょう・酒・油(適宜)


レシピどおりだとこんな感じですが、冷蔵庫に余ってる野菜やら豆やらをなんでもぶちこんでも良し。(具材増やしたら、調味料はその分調整してくださいね
^^)


<作り方>

1:豚肉を一口大に切って、塩こしょう酒をまぶしておく。

2:トマトを角切り。(not角刈り)

3:フライパンに油を熱し、ニンニク生姜を投入。→香りが立ったら強火にして豚肉、他の野菜があればお野菜、トマトを炒める。→豆板醤とケチャップ、ガラスープ、水大さじ1を加えて一煮立ち。



で、完成でっす。


興味持ってくださったかた、やってみてね^^



* * * *



私は猫っ毛です。(猫毛ではない。)

なので、ふつうのシュシュだと、一つにくくる場合は良いんですが、一部分だけシュシュで髪をまとめようとすると毛量が足りなくてスルスルスルスル髪の毛束やら、シュシュ自体やらが落ちてきちゃうんです。


ので、自分で入手できる範囲で出来るだけ強力なパンツゴムを買ってきて、シュシュを作りました。↓


●左の華やかな色のほうは、華やかな顔立ちのお友達へのプレゼント用^^右の地味なのが自分用。
shushu1406.jpg


●お約束の、猫載せ。↓
okoshushu.jpg



・・・猫飼いは、自作した物はつい、愛猫に載せたくなるのでございます。(ですよね?^^)



ところでこのシュシュ、強力過ぎて髪を結ぶとき、星飛雄馬君愛用の『大リーグボール養成ギブス』を装着しているかのごとく、ギギギギ・・・と指の力をこめねばなりませぬ。


けっこうしんどい^^;



* * * *


先週こんなだったゴーヤくんが、↓

go_ya140602.jpg



一週間後の今日はこんなにすくすく成長!@@↓

goya140609.jpg



なめたらアカンですね。ゴーヤの勢いww


いただきものの猫ペンダント、などなど。の巻

2014.06.05.16:34


お友達に可愛い猫ペンダントもらいましただよーー>▽<。見てやってくだされ〜♪↓


nekopendant.jpg


あしらってあるキラキラはスワロなんですって〜^^

涼しげでこれから活躍してくれそう♪♪ホントにどうもありがとうね〜〜!!





その彼女に、「ブログで料理ネタ載せてくれ」とミッションをば頂いたので(彼女も私も、お互い各々作る献立のネタに毎日頭を悩ませる身。笑)、今週月曜日と火曜日のサニレニ家の晩ごはんをご紹介させていただきやす。↓


月曜日:<ごはん(白米)・豚肉のピリ辛トマト炒め・はんぺんのクリームチーズのっけ焼き・キムチスープ・海老とくるみの佃煮>

140602kondate.jpg




火曜日:<赤飯(特にめでたいことがあったワケではない。)・生春巻き・鶏手羽とパプリカの甘酢焼き・ジャガイモ&玉ねぎ&ベーコンのカレースープ>

 140603kondate



火曜日の食卓、私の仕事が終わるのが遅かった&そーゆーときに限ってダンナが早く帰宅したので、若干乱れてますが、スルーしてくださいね^^;



* * * *

<今日のおこげさん。>


おこげ:「今日は関西地方、風ビュービューです。そのぶん、涼しいですけど。」
 okoge140605

暑かった日。の巻

2014.06.02.16:29

関西地方、夏日が続いております!



サボテンくんだけは、嬉しそうにピンクの可愛らしい花を咲かせてますよ。↓



●なんの手入れもしない(真冬でもベランダに出しっぱなし。)のに、毎年けなげに花を咲かす、かわゆいサボテンくん。
saboten1406.jpg




その横で、真っ黒毛皮に太陽熱をば一身に集めて大変なことになってる、おこげどん。↓


okoge140602_2.jpg





●トゲをものともせず、サボテンくんにスーリしようとするので目が離せませぬ。。。
okoge140602_1.jpg





その様子を、網戸越しに涼しい屋内から冷ややかに見つめる、おみそどん。↓


omiso140602_2.jpg




おみそ:「もうすぐ、名前のとおり焦げるに違いあるまい。」
omiso_140602_1.jpg



おみその予想どおりコゲられては大変なので、この後早々におこげを回収しましただ。




* * * *

今夏のベランダ水耕栽培は、ゴーヤくんと、↓(キュウリの方が使い勝手が良いけれど、去年のイモムシ騒動で懲りた^^;)

go_ya140602.jpg




ナスビくんが、↓

 nasubi140602



先発組。


まだあと2種類ほど、お野菜を育てる予定だす♪

プロフィール

nicocider.

Author:nicocider.


レンタルサーバー



nico.(にこ)

このブログの記述人。
お絵かきマンで、かつ物づくり大好き人間です。
このブログにも猫のことにまぎれて時々作品が登場します。

nico.のホームページはコチラ↓




「Sunny or Rainy?」の過去ログはコチラ



このブログの登場動物たち



孤高の老うさぎ、プッチ
オニギリシスターズの永遠の姉さん。
享年13歳。

その可憐な姿と強い心は、ずっとずっとサニレニ家の伝説として語り継がれることでしょう。






2007年「海の日」に我が家にやって来た元ノラのシマシマニャンコ(♀)、おみそ
只今9歳の天然素材。いろんな意味で猫の領域を踏み越えている。




一人っ子のおみそのために妹を探していた我々夫婦がネットの里親募集記事で一目ぼれした、黒猫のおこげ
「梅宮辰夫」似の丸顔さんだったおこげも、いまや立派なお年頃♪
只今8歳です。
天真爛漫なくろなまこちゃん。

おこげの登場により、我が家の2匹の猫さんたちはおこげの教育担当さくらまま。さんより「おにぎりしすたーず」というありがたい呼称を頂戴することになったのです♪

にほんブログ村 猫ブログへ a_04.gif


最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア


                            marunekobanner.gif

nekobukurobanna.jpg

abnomal_club_4.jpg

omiokobana.gif

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。