スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

故郷のディープな新スポットに潜入してみる。〜シーラカンス編〜の巻

2014.01.14.08:00


里帰りしてきたついでに、最近(といっても2011年)に出来たとゆー地元のニュースポットに潜入してきました^^



その名も『沼津港深海水族館』




いかにもディープなニオイがプンプンして楽しそう♪(深海だけに。)





一応、母に情報提供を呼びかけてみたところ、「え?あんなとこお母さんたち行った事ないやー。深海魚やらヌメッとしとーとやろ?かわゆーないやろーもん。」とのこと。


ご近所さんの間でも、あまり「行ってみたよ」という話は聞かないらしいんですね。


とゆーわけで、当該水族館のHPをば自分で検索してみたんですが、「news」のトピックスには、「ダイオウグソクムシのヌイグルミが入荷します」とか「当館で誕生したグソクムシの赤ちゃんがテレビで取り上げられました」とかばかり。


普通の水族館のHPだったらこういうのが「ラッコの赤ちゃん生まれました♪」とか「ペンギン子育て中」とかであることを考えると、そんじょそこらの水族館とは(色んな意味で)ひと味違う感じがビンビン伝わってきます(笑)。




とゆーわけで、ある程度「寂れて閑散としている」状況を想定しながらドキドキしながら実際行ってみた我々でしたが、年末のお休み時期だったからか、観光客でけっこうにぎわっておりました。





ここの一番の目玉は、何と言っても世界でもここだけで見られるとゆー「冷凍シーラカンス」の展示でございます。


響きだけだとなんだか「冷凍ミカン」と対して変わらないように聞こえますが、けっこう貴重な物みたいですなので、我々もありがた〜く拝見してきました。↓



siira1.jpg







え?


シーラカンスって脂ぎっちょるんですか!(@@)


知らなかった。知らなかったけど、この風貌で↓




siira4.jpg




このデカさ↓
sira2.jpg



の、しかも脂ぎってる見慣れぬ魚をタマタマ釣り上げてしまったインドネシアの漁師さんは、内心ドン引きだったことでしょうなあ><;




とまあ、せっかく学術的に貴重であるという冷凍シーラカンスを目の前にしても、このくらいの感想しか抱けない私でしたが。´_`)




その他にもこの沼津港深海水族館には、まだそそられる見所(完全に私の個人的基準)がいくつかありましたので、次回に続かせてくださいね^^





スポンサーサイト

theme : 猫と暮らす
genre : ペット

comment

Secret

管理人のみ閲覧できます

2014.01.14.09:55

このコメントは管理人のみ閲覧できます

深海魚

2014.01.14.10:45

v-132 以前、探偵ナイトフィバーで、沼津に「水族館向け深海魚活魚漁師」を見ましたが、これはそそられます。
 駿河湾は深海だから、珍しいものいっぱいですね…♪
 水族館の出口付近に、「深海魚料理」とかありませんでしたか~?
 見たら、ちょっと食べてみたいです。
 駿河湾の中深海魚オシツケ(=アブラボウズ)は食べましたか…?
 ムツより脂があってけっこうギトギトです。シーラカンスのイメージはこんな感じ…
 (7番目)→ http://www.agri-kanagawa.jp/sagami/hukyu/whatfish/090414odawara.htm
                <ののちゃんより>

No title

2014.01.14.14:52


♪ディープ (ディープ) 青い海(うみうみ)♪ (@渋谷哲平)

ダイオウグソクムシ、何年も食べずに生きられるという謎の生物、羨ましいものです。(2時間ごとにお腹のすくワシ。)

ひぇ〜〜、冷凍シーラカンスとは!!(@o@)
解凍も出来るわけですね??((((((^^;)
脂ぎってるとは 知ーらんカンス! あ、知らんかったっす。。。
巨大クエみたいな感じかしら??

色々と興味深いです!!(深海なだけに。)

あ、nico.さんが個人的に興味をそそられるとは、チンアナゴの登場ですなっっ!!(//ω//)(完全に偏見。)

No title

2014.01.14.15:22

水族ネタ、キタ━━━ヽ(゚∀゚ )ノ わしゃ、待っとったよ。
NHKがダイオウイカやってからというもの、すっかり深海ブームやからねぇ(なのか?)
しかし、ダイオウグソクムシって・・
グソクムシとみて、具足だけに歴魚か?とか、愚息だけに♂か?とか
まぁつまらんことが脳裏を駆け巡ったけれども、
今回はダイオウグソクムシは登場せんのね。(^艸^;)

以前、博物館だったかどうかでシーラカンスのはく製ってのを見たことがあるけれど、
さすがはく製だけに、脂ぎった感は確認できず。( ̄∀ ̄||)
しかし、シーラカンスを案内してるイラストのサカナもシーラカンスなの?
てか、今時じーさんにしても「〜じゃ」なんて話し方する人いるかね。
あ、NHKのダーウィンが来たでの案内役も「〜じゃ」言葉じゃったな。(笑)

No title

2014.01.14.17:25

うはーっ(>▽<)
たのしみだーっ(爆)
 
でもでも、深海魚好きって結構いるよ!
私も覗いてみたいかも!
 
シーラカンスって、油ギッシュなんだーっ(꒪д꒪)
焼いたらうまいんだろうか・・・(食い気かっっ)

No title

2014.01.14.21:09

なんかツウでマニアな水族館なのにゃあ!
おねえ心にもv-343しそうにゃ!
冷凍シーラカンス!
海っぽいところとかじゃなくて、そのまんまでんっ!とおいてあるのにゃあ!@@!
この前あがったダイオウイカさんもきっと交渉してると思うのにゃあ!
ダイオウグソクムシのヌイグルミ・・・見たいような、見るの恐いような・・・
なんとなく・・・nico.おねえちゃん・・・ゲットしてるような気もするけど・・・(¬_¬)チラッ

2014.01.14.21:53

シ~ラ~カ~ンス~♪♪
(@ミスチルの歌でお願いします^^)
シーラカンスって、こんなに大きいのですね(@_@)!!
迫力あるなあ~(゚ロ゚)
ダイオウグソクムシ・・・なんか名前からのひびきだけで、ゾウムシを連想しちゃったよう~~(^^;)
どんなのかしらん??
すごいですねぇ~!なかなかマニアックな水族館にゃあ!
行ってみたいような~コワいような~(笑)
でも次の記事がどんなものを紹介されるかそそられますねー(^艸^)


★お返事です★

2014.01.14.22:24

**鍵コメさま。**

そうでしたか・・・。
でもまた復活をお待ちしております^^!!

いろいろ、頑張ってくださいね。応援してますので〜〜〜>▽<



**kitcatさんへ**

そうそう!
水族館への専門魚卸業者ってのが存在するんですよねえ^^
それの深海魚バージョンかあ。すごく難しい仕事でしょうね。私も詳しく知りたいなあ♪

>水族館の出口付近に、「深海魚料理」とかありませんでしたか~?

ありましたよ、ありましたよっv-238名前は忘れてしまったんですが、深海魚の(?)どんぶりがありました(笑)ダンナが写メ撮ってたと思うので写真あったらまたご紹介しますねー^^

アブラボウズって、たしかクエの代用品としても使われちゃったりしてるとかしてないとか・・・^^;お気の毒ですねえ、歴とした高級後だとゆーのに。(リンク拝読しました♪)
お写真だけ見ると、確かにシーラカンス、アブラボウズと似てると思います^^!



**とろろ姉さんへ**

お♪タイムリーだあっ。
渋谷哲平、こないだとんねるずの番組で初めてお姿と歌と拝見した私です>▽<
まさに姉さんのコメにある歌を唄ってはったんですが・・・なかなかインパクトの強いお歌でございましたなあ^^;
グソクムシの燃費の良さはうらやましいけど、あの容姿にならなくちゃいけないとなると・・・ちょっと二の足踏みますよねー(笑)。
でも、個人的にはフナムシよりはグソクムシの方が見るに耐えました♪(フナムシ恐怖症)

シーラカンスはクエとか、そんな感じもしましたねえ^^が、名前の由来も「何の役にも立たん(食用には不向き)魚」らしいので、どうやら美味しくないみたいです。
チンアナゴも居たよ〜〜〜キャッ(/ω\*))((*/ωヽ)キャッ
だけど今回はチンアナゴは撮らなかった〜>▽<(何処の水族館でも毎回撮っちゃうから。笑)
なんかねえ、もっとこう・・・「うへー( ̄ω ̄|||)」みたいなヤツがたくさんいたっっ^^;次回また見てやってくださいね♪



**ぱんとらさんへ**

ダイオウイカ、わくわくしますよね〜〜〜〜!>▽<
生きたまま捕獲されたらしいですね、最近。でも出来れば、陸に揚げられたダイオウイカじゃなくて、深海で生き生き暮らしてる状態のダイオウイカの映像を見たいですよねえ♪私の生きてるうちに、撮影できたら良いのになあ。

グソクムシはですねえ、ちょっとブログに載っけるにはためらわれる風貌でしたので、画像は無しでお許しください^^;が、一つわかったことは、「オオグソクムシ」と「ダイオウグソクムシ」では大きさに雲泥の差があるとゆーこと!
ダイオウグソクムシ・・・ハンパないですっ>▽<

ぬははははは!(爆)
ぱんとらさんのその目の付け所が可笑しい〜〜〜〜^^
確かに今時のじーさんは「○○じゃ」とか言いませんね。案内役のシーラカンス(だと思う)・・・YMOみたいなサングラスですな・・・(汗)

あにゃあ

2014.01.15.17:20

そこってたまにテレビでやってるよね。
深海魚マニアにはたまらないらしいよね。

冷凍のシーラカンス…
あぶらぎってるんだ。

★お返事です★

2014.01.15.18:39

**riderさんへ**

riderさんちからでも、すごく近いとまではいかないまでも、わりと行き易い距離ですよね、沼津^^
とはいえ、沼津って港以外ほんと何も無いから・・・気軽に行ってみて〜〜〜♪とはオススメできないのが悲しい^^;温泉のついでとかに寄るスポットですな。

シーラカンス、かなり油ギッシュらしいから。。。焼いたら燃えるかも!(笑)



**Gaviちゃんへ**

お♪
Gaviちゃんのおねえちゃんも、そそられちゃう?^^静岡東部までお出かけのことがあれば、ぜひぜひ寄ってみてくだされ♪
周りは漁港だから、ウキウキ華やかスポットはないけど、美味しそうなお魚の店はたくさん在ったよ〜〜〜!気軽に入れそうなお寿司屋さんとか、牡蠣小屋とか^^
シーラカンスの置いてある所は、なんだか実験室みたいなオモムキだったかも。
ダイオウイカさんが来てくれるなら、私も一回行かなくっちゃだなあ♪♪

ダイオウグソクムシのヌイグルミ、めっちゃ人気商品らしくて(←アンビリバボー)しかもい〜いお値段してるのよー^^;(http://www.pronweb.tv/modules/newsdigest/index.php?code=2951
一応母親に、「売ってたら(姪っ子s&甥っ子用に)、要る?買って来る?」って訊いたら「いらーん!」と即答されちゃったあ(笑)
でもお土産ショップは、ニッチな商品ばかりでかなり見応えあるよ〜〜〜^^


**おむおむさんへ**

ゾウムシ!?Σ(・ω・ノ)ノ!

ゾウムシが気になり過ぎて、ミスチルの歌より先にゾウムシを優先させて検索しちゃった私(笑)。
ゾウムシ、おもしろ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜>▽<!!
(こんなページ→http://d.hatena.ne.jp/ramyana/20090820/1250733805見つけたっv-238
)いやーん♪おむおむさんのおかげで、私ってばまたもやお気に入りの生き物見つけちゃったやん♪♪ゾウムシに夢中やわ〜〜〜。

・・・て、気付けばゾウムシのことばかり書いてるね、私^^;
ダイオウグソクムシはねえ、ゾウムシとゆーよりはゲジゲジに似とります・・・(T_T)



**harryさんへ**

おおっ!
harryさん、ご存知でしたかあ^^
そうそう、好きな人にはたまらん施設みたい。
珍しい深海魚も何種類か居るみたいですね。

シーラカンス、脂ぎってるんですって〜〜〜〜(笑)
外側も脂ぎってる魚って、私あんまり見た事ないから想像付かないんだけど・・・この大きさでヌルヌルしてたら、ちょっとキモいですよねえ^^;

2014.01.15.19:09

私の知っている(?)ゾウムシは、ペイズリー柄の形のゾウムシだったのですけど、nico.さんのリンクして下さったサイトを覗いてみると、色々なゾウムシがいますねー(笑)
これまたnico.さんのリンクして下さったダイオウグソクムシのぬいぐるみを見てみると、おむおむ一瞬、ナウシカの王蟲を連想しちゃった(>▽<)!!

No title

2014.01.15.19:13

そりゃ、ディープだわな。深海だけに( ̄▽ ̄)
ごめん、知ってたよ。ダイオウグソクムシ。
なんで、いつ、どこで その名前がアタシの脳の引き出しに入ったかは定かじゃないんだかね。
だから読みながら激しく爆笑したわさ!
ってか、ぱんとらさんのノリノリっぷりが さらにアタシの腹を捻じくるように笑いのツボに叩きこんでくれたわ!(^◇^)

ささ、遠慮なく 続きを書きなしゃれ!

No title

2014.01.15.23:04

ダイオウグソクムシって、ずっと食べないっていう・・。
沼津にもいるんですね!
シーラカンスの冷凍、怖い顔、、、。
冷凍ミカンとは大違いです。
これ吊り上げたら、ほんとがっくりですね。

No title

2014.01.16.06:42

どこの県にもディープな所があるんですね^^
こちらはこちらでド田舎なので沢山ありますよんw
ダイオウグソクムシ???
なんじゃらほいのほい??
後で調べてみますわよ^^
シーラカンス初めて見たぞ!!
お顔がなんだか鮭に似てるね^^
いやいや逆に私が漁師なら質より量なので大喜びしちゃうかも~♪

さてさて、次回は、どんな大物が出てくるのかしら?
楽しみでーす♪

あっ、モンハンのオトモアイルー、おにぎりさんのお名前お借りしてます^^
おこたんがねぇ~良く働いてくれるのよ~>▽<
罠掛けてくれたりさっ。
なので、大物倒しに行く時はお伴していただいております!

No title

2014.01.16.13:08

ここは行ってみたい!
普通の水族館ってあんまり興味が無いんだけど、
こういうキワモノ?的な生き物めっちゃそそられるのよね〜
(オリー飼いには似た趣味の人が多いのよw)
しかし脂ぎった魚は…w
ヌメヌメしてるとかなら分かるんだけど脂ぎってるって???

No title

2014.01.16.14:41

お~~~~~~~~~確かに!!!
こりゃなんじゃ~~~ですね!
っで食べれるの?無理なの??無理っぽいよね???みたいなとこに行き着いたっぽい(笑)

★お返事です★

2014.01.16.19:20

**もいちど、おむおむさんへ^^**

ダイオウグソクムシ、王蟲っぽい!>▽<
王蟲サイズのダイオウグソクムシ・・・こ、こわすぎるっっ(笑)

ペイズリー柄のゾウムシもいるんだあっ♪(←キャッキャはしゃいじゃってる私。)
チョーおもしろいね♪ゾウムシ♪♪♪


**おかみっちょんさんへ**

いつ何処でかはわからないけれど、おかみっちょんさんのお脳の中へスルーリと滑り込んで来た、ダイオウグソクムシ(の知識)。。。
あなどれんっっ!!(笑)

ぱんとらさん、いつも水族どもの話をコメントで盛り上げてくれて、とってもありがたいのですうv-223

おかみっちょんさんもありがとう!!
続き、アップしたのでまた見てやってくださいねっ>▽<


**ちょこさんへ**

ちょこさんもダイオウグソクムシ、ご存知でしたか!(@@)けっこうメジャーなんですね、ダイオウグソクムシ。
沼津にもってことは、ちょこさん他の所のグソクムシくんを見に行かれたことがあるのかしら♪けっこうな迫力ですよね(笑)

冷凍ミカンの醸す安心感とはかけ離れた、コワモテの冷凍シーラカンス。。。
だけど、シーラカンスって高額で取引されるらしいから・・・もしそういう機会があったら私頑張って釣り上げます!(←強欲^^)

★お返事です★

2014.01.16.19:54

**きんときまめさんへ**

きんときまめさんのお家のあたりも、有名な所からディープな所まで、すごく楽しいスポットがたくさんありそうです^^いつか行ってみたい♪♪
ダイオウグソクムシはねえ、コイツ(http://sankei.jp.msn.com/science/news/140102/scn14010220230000-n1.htm)です。けっこうグロいので、心構えしてから見てねー(笑)

シーラカンス、確かに言われてみるとシャケに見えてみたっ>▽<
アゴのしゃくれ具合がシャケよねー^^だけど、シャケみたく美味しくないみたいなんです。シーラカンス。脂が乗ってるのと油ギッシュとはまたちょっと違うのかなあ^^;???

あはは!確かずーーーっと前、らもらさんちのモンハンでもおこげ働いてたらしいっす(笑)。きんときまめさんちでも、シッカリ働いてもらわなー>▽<



**ANKOさんへ**

にゃはははははー>▽<
オリー飼いさんたちは、やはり一風変わった子たちに萌えるんですねえ♪
なんかわかる気がするなあ。
ここの水族館、もうちょっと広さがあったらもっと楽しいのにって感じでした。
でも確かに、普通の水族館とは違って「ウへ〜〜〜><!」とか「引く〜〜〜〜!」とか言いながら展示を見て回るの、けっこう楽しかったかも^^
ANKOさんもお気が向かれたらぜひお出かけください♪

>ヌメヌメしてるとかなら分かるんだけど脂ぎってるって???

そうなんです^^;案内板の「脂ぎった体の様子がわかるはずじゃ」っていうお言葉にも係らず・・・正直言って今ひとつピンと来なかったんです。。。
やっぱ、冷凍じゃちょっと伝わらないですよねえ。


**neneさんへ**

うはは^^!

うん。そうですよね。結局そこに行き着きますよねえ(笑)

どうやらシーラカンスは食べても毒ってワケじゃないみたいですが、味はマズイらしいですう^^;
地元ではシーラカンスを「ゴンベッサ」と呼んでて、「食えない魚」、「使えない魚」という意味らしいので・・・。
プロフィール

nicocider.

Author:nicocider.


レンタルサーバー



nico.(にこ)

このブログの記述人。
お絵かきマンで、かつ物づくり大好き人間です。
このブログにも猫のことにまぎれて時々作品が登場します。

nico.のホームページはコチラ↓




「Sunny or Rainy?」の過去ログはコチラ



このブログの登場動物たち



孤高の老うさぎ、プッチ
オニギリシスターズの永遠の姉さん。
享年13歳。

その可憐な姿と強い心は、ずっとずっとサニレニ家の伝説として語り継がれることでしょう。






2007年「海の日」に我が家にやって来た元ノラのシマシマニャンコ(♀)、おみそ
只今9歳の天然素材。いろんな意味で猫の領域を踏み越えている。




一人っ子のおみそのために妹を探していた我々夫婦がネットの里親募集記事で一目ぼれした、黒猫のおこげ
「梅宮辰夫」似の丸顔さんだったおこげも、いまや立派なお年頃♪
只今8歳です。
天真爛漫なくろなまこちゃん。

おこげの登場により、我が家の2匹の猫さんたちはおこげの教育担当さくらまま。さんより「おにぎりしすたーず」というありがたい呼称を頂戴することになったのです♪

にほんブログ村 猫ブログへ a_04.gif


最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア


                            marunekobanner.gif

nekobukurobanna.jpg

abnomal_club_4.jpg

omiokobana.gif

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。