スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

謎多き、ヒヨコ豆。の巻

2014.06.22.11:29

riderさんから、少し前にヒヨコ豆のタネ(つまりは、ヒヨコ豆そのものとゆーことです。)を分けていただきました。

 hiyokomame2



予めriderさんからは、「日本ではなかなか育てるのが難しいらしい」という情報を頂いてたものの、湧き上がる興味を抑制できず、「育ててみたい♪」とヒヨコ豆栽培に名乗りを上げたワケでございます。



日本での栽培が難しい理由、それは、



ヒヨコ豆は冷涼・乾燥な気候を好む。




そんなヒヨコ豆くんの大好きな気候とは真逆の、梅雨ど真ん中の我が家のベランダにおいて生を受ける羽目になったヒヨコ豆くんの、種まき〜今日現在の様子をばごらんくだされ。



●riderさんからタネ到着直後。

水腐れしないよう、100均で買って来た炭玉の中にヒヨコ豆の種豆を埋め、乾燥しないよう水を上からかけながら根を出していきまする。↓


 hiyokomame




●根が出たタイミングで、砂(土より水はけが良いから)を種まきポットに入れ、発根したヒヨコ豆くんたちを苗まで育てまする。(写真はちょうど発芽したくらいの頃)↓

hiyokomame3.jpg



無事苗まで成長し、植え替えのタイミングを迎えた段階で、ふと考えた私。



水耕栽培でヒヨコ豆をば育てたい、という当初の目標だったワケですが、前述のとおり、ジメジメ大嫌いなヒヨコ豆くんを水耕栽培でいわば水浸しにしちゃうってのは、かなりキケンなのではないだろうか、と。

加えて言うならば、豆類は種まき後から、自力で根粒菌とゆー栄養になる菌を根の周りに発生させて成長するので、水耕栽培にするとせっかく根に付いているこの菌が流れて成長阻害要因になってしまう可能性も考えられ。





最悪、全ての苗が全滅してしまう可能性もあるわけで。




コワイので、保険をかけて、3種類の環境をヒヨコ豆くんたちにご用意させて頂くことにいたしました。



●2つの苗は、予定通り水耕栽培にて育成。(写真は2014年6月22日現在)

hiyokomame1_040622.jpg




●1つの苗は、サボテン用の土で育成。(写真は2014年6月22日現在)

 hiyokomame2_140622



更に2つの苗は、種まきしたのと同じ「川砂」で育成。(写真は2014年6月22日現在)

hiyokomame4_140622.jpg



今のところ、どの環境の子がどう、というハッキリとした差は出てませんが、なんとなーく、勢いだけは水耕栽培チームが一歩リードしてる感じ。

ですが、少し葉先が黄色くなってるのが気にかかる。。。


とにかく、全ての意味でミステリアスです。ヒヨコ豆^^;


無事収穫を迎えるべく、現在奮闘中のnico.なのでございます♪←かなり楽しんでる。



<おまけのオニギリさん。>

「猫だって砂漠原産の動物らしいけど、ジメジメの日本の夏にも順応してるもんね。ヒヨコ豆諸君にもがんばって欲しいものでございます。オニギリシスターズはこの夏、ヒヨコ豆を応援しています。」
onigirisan140622.jpg
スポンサーサイト

comment

Secret

No title

2014.06.22.18:08

おおおおおおお~っ!
ウチより元気かもしれんっ(>▽<)
すごいすごいっっ
 
頑張って収穫しようぞっっ、ベランダひよこ豆っ(>▽<)
 
ウチ、フツーの土に植えちゃったよ~

No title

2014.06.22.23:39


う〜〜ん、植物の生命力は強い!
..........ってことですね!(ですか??)

ひよこ豆の成長をこの夏全力で応援するオニギリさん。
おこげちゃんも 気候のせいかよく育ってるね! (気候のせい!?)

★お返事です★

2014.06.23.06:36

**riderさんへ**

ほんとですか〜〜!?^^
ネットで検索して、正しく育った画像見たらワッサワッサしてて・・・うちのとだいぶ違うなあ^^;って不安だったんです。

うんうん。私は初の「生ヒヨコ豆」です。(いろんな豆が入ってるパックの豆しか食べた事無い)
がんばって収穫したいものですなあっ♪



**とろろ姉さんへ**

植物の生命力は強いけど、そう思って甘えてると枯れちゃうんですよねー^^;
そのあたりが難しいっ。

あ、でもゴーヤは(あ、おこげもね^^)アホほどデカなってますねん。。。私が知ってるゴーヤの葉っぱの大きさじゃない!(笑)葉っぱにばっかり栄養行って実がならんかったらどうしよう。。。

No title

2014.06.23.10:46

ひよこ豆ってパスタなどに入れる水煮しか知らないのですが、一体どこの産地で
日本で作られるものかどうかも知りません
じめじめが嫌いなヒヨコ豆さん、こうして3種類で試すのって勉強になりますね
どんな風に育つか楽しみ~~~

No title

2014.06.23.14:49

難しいと言われているひよこ豆を敢えて栽培するnico.さん凄ーい^^
ちゃんと育つといいですね♪
いやっ、ちゃんとお世話してるし元気な子に育つと思う>▽<
ずっと先だろうけど収穫が楽しみですね♪

おにぎりさんの図、おこたん”うらめしやポーズ”ではないですか>▽<
好物ですぞ!!
おみぽんも♪おみぽんも~^^

あにゃあ

2014.06.23.17:49

ひよこ豆ですか。
立派に育って収穫できるといいにゃあ。
生のひよこ豆が食べられるにゃよ。

No title

2014.06.23.18:23

ヒヨコ豆って、レンズ豆とは違うんですかね。
水はけのよい土で栽培してるけれど、肥料はいらんの?
うちでは、今、培養土問題が浮上しとるんよ、って私にだけだけど。(笑)
土の構成比率ってけっこうバカにならんよねぇ、水はけ・水持ち云々。
ベランダーは、ベランダに土を何種類も置くスペースがもったいないってんで、
できあがってる培養土を使うけど、うーん、ちょっとなぁ。<ってウチの問題。
ともかく、この先の成長ぶりに興味津々、レポ楽しみにしてます!

おみそちゃ〜ん、弟くんかわいいよ〜、男の子っておおらかだからー。(笑)
(おこげちゃんが狭量と言ってるんではないからねー。( ´艸`))
うちのカリさんも、ビブはダメだったけど、
ロックンはオッケーだったからねー。おみそちゃーーん。( ´▽`)
・・個別宣伝活動続く。( ̄∀ ̄||)

No title

2014.06.23.19:50

**クニさんへ**

そうです、そうです^^!
パスタとかサラダに入ってる、白いゴツゴツした形のお豆です。
メキシコとかインドとかで穫れるらしいんですよ。日本とぜんぜん気候が違いますよね^^;なので、売り物としては日本では作ってる農家さんはゼロらしい。。。

riderさんに頂いた種豆、あと半分秋蒔き用にとってあるので、今回の3種類の栽培法比較で一番うまくいったヤツを、秋に採用したいと思っております^^
どれかは、上手に育つと良いんですが(汗)。



**きんときまめさんへ**

珍しい植物って、育ててみたくなっちゃうの^^
ヒヨコ豆ってさ、名前が良いよねえ(笑)。ピヨピヨ言うてそうで可愛い♪
可愛いヒヨコどもを、たくさん収穫できると良いなあ>▽<!

オニギリ姉妹のこの図、「ヘソ天で無防備に転がる黒猫を、冷たい視線でしんねり眺めるシマ猫」の図式であります^^;
たぶん、おこげはおみそに、なんか言って欲しいと思ってるんだろうと思うんですけどね(笑)。


**harryさんへ**

生のヒヨコ豆って、食べたことないんですよ〜>▽<
riderさんが「大好物」とおっしゃってたとゆーことは、かなり旨いのではないかと期待に胸ふくらませる私。(貧乳だからあんまりふくらまないけどw)

がんばって、収穫レポートできるようがんばります^^!



**ぱんとらさんへ**

レンズ豆、今検索してみたんですが、写真で見るかぎりヒヨコ豆とは別物くさかったです^^
ヒヨコ豆って、英名はガルバンゾーだったような。

土って大事ですよね!土が良ければほぼ失敗せずに育ちますもんね。その逆だとどんなに手間ひまかけてお世話しても、うまく育たない><;あと、土の量(鉢の深さ?)も、かなり大事ですよね〜〜!そういう点で、水耕栽培ってのは根をフリーな状態にして育てるので、私のような素人でもわりと失敗なく簡単に育てる事ができます。

今回のサボテンの土&川砂で育ててるヒヨコ豆にも、水耕栽培の溶液を土&砂に吸わせて育てております。去年、ハーブをこの方法で育てたところ(ハーブも、水耕栽培では水が多過ぎるのか、あまり育たなかった)上手くいったので、今回もいけるかなあって思いまして。
ただ、砂の方はともかく、サボテン土の方は「保肥性」ってヤツがあまり優れていないのか、他のに比べて少し細い。。。
奥が深いですな、ベランダー!(=▽=)

仔猫ちゃん、そんなん言われたらめっちゃ欲しくなる〜〜〜〜>▽<;!
ああ、自分自身がもう一人いれば、おみそに迷惑かけずにあと2匹くらいお世話できるのになあ^^;

No title

2014.06.23.22:19

うわあ!すっごくおっきくなってるぅ!
nico.おねえちゃん、色々考えてエライのにゃあ!
も、もしかしたら・・・お家にある大豆とかひよこ豆さん、レンズ豆さん、小豆さんも・・・こんな風にしたらみんにゃ芽が出て育つのかなぁ?
nico.おねえちゃん、この子がおっきくおっきくなってジャックの豆の木さんになったら、おみそちゃんとおこげちゃんによじ登りんしてもらって金の鶏さん手に入れるにゃ!きっとおもちゃの缶づめと交換してもらえちゃうと思うのにゃあ!o(≧∇≦)oウワアイ

2014.06.23.22:30

ヒヨコ豆>▽<!!
名前が可愛いですよねー♪♪
日本でも育てるのが難しいヒヨコ豆ちゃんをnico.さんが育てているのですね(≧▽≦)
無事、育つと良いなー!
今後のnico.さんのレポートが楽しみ♪♪
オニギリ姉妹もヒヨコ豆ちゃんの成長を応援しているのですね(≧▽≦)
うちの猫たちも応援していますよ!!
ミッフィー『nico.お姉さん、こんばんにゃ。クウとねねの母ミッフィーですにゃ。あたしはヒヨコ豆さんがいたらクンクンしてお手テでチョイチョイしますにゃ。あたしは食べれにゃいけど、nico.お姉さんたちが美味しいヒヨコ豆さんを食べれるように応援してるにゃ。』

おこげちゃんのへそてんお化けポーズ、相変わらず可愛いですね(*^^*)
おこげちゃんはこのポーズ、いつもなにを考えているのかなあ~(*´艸`)

No title

2014.06.24.21:04

**Gaviちゃんへ**

お豆ね、たぶんどんな種類でも芽が出て来ると思う^^
とゆーのも、私小学校のころ、理科の授業で「豆を育てる」ってのがあって、お家から黒豆やら小豆やら、色々お豆持ち寄ってみんなで栽培した記憶があるから♪
でもね、紙コップで栽培だったから、みんなヒョロヒョロにしか育たんかった^^;

ジャックが天の国からゲットしてきた金の鶏は、オモチャの缶詰と交換できるんだっっ(爆)
いや〜〜〜、オモチャの缶詰の価値、私が思ってた以上だった!>▽<


**おむおむさんへ**

名前、可愛いよね〜^^!
で、英語名が「ガルバンゾー」なので、「ガルバンゾーでがんばるぞー」とゆーダジャレをついつい言いたくなってしまうんです。ヒヨコ豆。←知らんがな。

ミッフィーちゃん、ヒヨコ豆の応援ありがとーーー^^!
お豆、猫さん(オモチャとして)好きそうだもんねえ(笑)。
たぶん、うちの猫もヒヨコ豆が転げてたらお手手でチャイチャイすると思う。ほんでもって、床の上をピャーって転がすと思うww

おこげ、ヘソ天は年間通してするんですけど、暑くなってくると頻度が増えます。
最近は気付けば床に転がってますよ〜^^
こちらから見てる限り、ヘソ天で空を見つめてるおこげ、完全に「無」の心境に見えます^ー^;

No title

2014.06.25.12:40

そっかひよこ豆が育つ環境はシワが増える環境なのねw
日本の気候だとなかなか難しそうだけど根性でなんとかなりそうよ。
しっかり育てと念を送り続けましょう。
くれぐれも怨念は込めちゃダメよw

★ANKOさんへ★

2014.06.25.22:30

ヒヨコ豆の育つ環境、我々人間の女子にとってはかなり過酷な
環境ですよね^^;
日本の梅雨はジメジメして不快指数は高いけど、お肌には
悪くないってことかあ^^

ヒヨコ豆、ついつい「成長しろ〜、成長しろ〜」と
脅迫まがいの念を送ってしまいそうになります(笑)。
プロフィール

nicocider.

Author:nicocider.


レンタルサーバー



nico.(にこ)

このブログの記述人。
お絵かきマンで、かつ物づくり大好き人間です。
このブログにも猫のことにまぎれて時々作品が登場します。

nico.のホームページはコチラ↓




「Sunny or Rainy?」の過去ログはコチラ



このブログの登場動物たち



孤高の老うさぎ、プッチ
オニギリシスターズの永遠の姉さん。
享年13歳。

その可憐な姿と強い心は、ずっとずっとサニレニ家の伝説として語り継がれることでしょう。






2007年「海の日」に我が家にやって来た元ノラのシマシマニャンコ(♀)、おみそ
只今9歳の天然素材。いろんな意味で猫の領域を踏み越えている。




一人っ子のおみそのために妹を探していた我々夫婦がネットの里親募集記事で一目ぼれした、黒猫のおこげ
「梅宮辰夫」似の丸顔さんだったおこげも、いまや立派なお年頃♪
只今8歳です。
天真爛漫なくろなまこちゃん。

おこげの登場により、我が家の2匹の猫さんたちはおこげの教育担当さくらまま。さんより「おにぎりしすたーず」というありがたい呼称を頂戴することになったのです♪

にほんブログ村 猫ブログへ a_04.gif


最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア


                            marunekobanner.gif

nekobukurobanna.jpg

abnomal_club_4.jpg

omiokobana.gif

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。