スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ムックの思い出。の巻

2014.10.06.19:30

少し前、ぱんとらさんご自身のブログの記事いくえみ綾さんが書いたワンコとの生活について綴った本を紹介されておりまして。


そこへのコメントとして昔私が実家で飼ってたワンコのことを書いたら、「今度見せてねー^^」ってお返事コメントの中で言ってくれたので、真に受けて調子に乗り、今日はそのワンコの話を書かせてもらいます。



彼の名はムック


さすらいの無宿犬(=野良犬、ということです^^;)の父と、スピッツの母親の間に生を受けた正真正銘の雑種です。


犬が飼いたい、犬が飼いたいと何かにつれてしつこくせがむムスメ(=私)に根負けし、父親が知り合いから譲り受けてきました。



●在りし日のムック。夏場、ムベの木の根もとにて。(季節によって、ムックの住処は移動する。夏は我が家で一番涼しいのはここ。冬になると玄関の中に母が不要になった毛布でムック用の”巣”をこしらえる。)


mucksan_1.jpg



ムックは、私の熱意によって我が家に迎えられたにも関わらず、家族内で一番年若である私のことを、心の底から見下し、バカにしておりました。(=▽=)


ムックから見た家族それぞれの評価は、たぶんこう。↓


●父親・・・

ボス。絶対的存在。父に叱られると、実にしょんぼりとしたしおらしい風情で頭を垂れ、そっと自分から鼻面を押し付けて謝りにゆく。


●母親・・・

文字通り、母親。大好き。私がムックの前で母親にベッタリひっ付いてると、母の興味をなんとか自分の方に引きつけようとありとあらゆる手を尽くす。(面白い物見つけたよ!みたいに鳴いたり、ちょっと調子悪いかも・・・、みたいに腹這いになって元気のないフリしてみたりww)



●兄・・・

頼れるアニキ。愉快な遊び相手。兄が帰って来るとシッポをワッサワッサ振り、「お兄ちゃん、空き地に走りに行こうよ>▽<!!」みたいにはしゃぎまくる。(兄は私と真逆の、体を動かしてないと死ぬようなアウトドア男なので、ムックの体力&身体能力に負けずに遊べるのは家族では兄くらいだったせいもあると思う。)




●ぶーちゃん(先住猫)・・・


お姉さん。
一目置く存在。

散歩の途中でぶーちゃんと同じ柄(茶トラ)の野良猫に行き会うと、「あれれ?ぶーちゃんかな???」みたいな顔をする。(犬はニオイで判断するとゆーけど、本当にムックはこういう顔をしたんです^^)
私がムックの食事中に背後を通ると「見てんじゃねーよ。」みたいな顔するくせに、ぶーちゃんに自分がもらった牛乳を横取りされても文句一つ言えず、母に「ねえねえ、あれ、ボクのなのに〜〜〜」と、言いつけに行くことしかできない。




●私・・・

目の上のたんこぶ。
弱っちいくせに、やたらと「ムック〜〜〜〜♡ムック〜〜〜♡」とベタベタ馴れ馴れしく触ってくるのもヤだし、一緒に遊ぼうと誘ってくるくせにすぐにバテて「もう帰ろうねー^^」とか言う気分屋なとこも嫌。
自分がおかーさんに甘えてる時に、何かとゆーと「ねえねえ、お母さん!」と自分から大好きなおかーさんを取って行くのも実に不愉快。
・・・たぶん、「いなくなれば良いのに」と八割型本気で思ってたと思う。(笑)




ムックが私を舐めてたことを示すエピソードは山のようにあります。



私が学校から帰宅して「ムック、ただいま^^!」とフレンドリーに挨拶すると、ハスにかまえてちょっと白目混じりの横目で胡散臭げにチラと見、申し訳程度にシッポを2〜3度パターリパターリと揺すります。

めげない私が抱きしめに行くと、最初の何十秒かはじっとガマンして耐えてるけど、しばらくすると機嫌良い時でも「・・・ンフー・・・・」といかにも「ボクは忍耐しておりますよ」と言ってるような深いため息をつき、虫の居所が悪いと咽喉の奥で低く「ウー・・・・」と唸る。(とはいえ、一度もムックに噛み付かれたり痛い思い、コワイ思いさせられたことは無いのですよ^^)





母と私が一緒にムックを連れてお散歩してるとき、私がムックより一歩でも前に出ると、「ハッ!」としたように速足になって、私よりも一ミリでも前に出ようとする。(オモロイので私も抜き返すと、ムキになって張り合う。)



私独りでムックの散歩に行くと、コース選択は自分が主導権を握ろうとする。気に入らない曲がり角では絶対に曲がらない。半時くらい、分かれ道でムックと無言のガマン比べをしたことも一度や二度ではない。←この最中に知り合いが通りかかるとめちゃめちゃ笑われ、後日母親に「またムックと○○ちゃん、無言のケンカしてたよ」と報告される。



彼はけっこうな大きさ(中型犬?ボーダーコリーより一回り小さいくらいかなあ???なんせ雑種なので、大きさも中途半端。)のくせして、散歩で疲れると「抱っこしてくり〜〜〜〜」と甘える。
父親や兄なら抱っこできるけど、私にはムリ。
で、それを承知していながら、私にも同じように「抱っこ!抱っこ!」としつこくせがむ。
テコでも動かない彼に困り果てた私が一応頑張って抱き上げようとすると、腕の中で実に居心地悪そうにモガモガもがいて、「ったく、ホントつかえねー女だぜ。」みたいに冷たい一瞥を浴びせた後、スタスタ歩き出す。(疲れてたんじゃねーのかよっ!と、心の中でツッコむ私。)



空き地でリードを放してやると(今では絶対やっちゃいけないことですよね^^;でも私の実家はホントに山奥でヒトも車もほぼ来なかったのでこういうことをしちゃってました。)家族の他のメンバーが「ムックー!もう帰るよ〜〜〜」と呼ぶとすぐ戻ってくるのに、私一人だと最終兵器のジャーキーをポケットから出して頭上でブンブン振るまで、絶対戻って来ない。




こんな、ヒトから見たら絶対「アンタ、犬にめっちゃ嫌われとるやん」というような私ですが^^;、ムックのことが大好きでした。



今でもネコと同じくらい、犬が好きです。


が、上記のようなムックのトラウマがあるので、「飼い主の器を常に問う」動物と言われるワンコとの暮らしは、尻込みしてしまう自分がいます^^;


ボスらしいボスに飼ってもらわないと、ワンコも不幸せって言いますもんねえ。。。


結論。



「自分を可愛がって甘えさせてくれりゃそれで良い」とゆーニャンコとの暮らしくらいが、私みたいなもんにはプレッシャーも無く、気楽で丁度良い(=▽=)


ちゃんちゃん♪
スポンサーサイト

comment

Secret

No title

2014.10.06.20:29

うぷぷっ^^
私も小学生の頃、毎日毎日「犬飼いたい」と言ってました。
が、相手にされる事も無く。。。たまたま親父の友人宅で猫さんに
赤にゃんが産まれ、犬じゃないけど譲ってもらったのです。
猫も人を見るのよねぇ~^^;
私もnico.さんと同じ扱いされてましたよ~。
ほいでもって嫌われていたこと間違いないですww

ムックちゃんかわいい~>▽<
ムベの木の根元は、ムックちゃんの定位置だったのかな?
夏は涼しく、冬は暖かそうな場所だよねぇ。

お母さん大好きは、どこの子(犬も猫)もそうなのでしょうね^^
一緒にいる時間も長いし、嫌がる事はしないじゃない?
私もニャンコとの暮らしの方が合ってると思う!
ただ、「構ってちゃん」の時は、私が何かしてる時が多いんだけど^^;

No title

2014.10.06.20:30

すいません。。。売店は私です^^;

No title

2014.10.06.21:13

アタシも子供のころからの夢は 犬を飼うことと
犬を飼える大きな家に住むこと だった。
どっちもいまだに叶ってないけどね。

ムックとnico.ちゃんのエピソードは
きっとムック側からみると また違ってると思うよ。
だってさ、わんこって元がオオカミじゃん。
オオカミはリーダーに従うのが本能なんだよ。
だからお父さんに一番従順なのは当り前さ。
話を読んでると ムックはnico.ちゃんには自分の気持で接してるね。
ムックにとって nico.ちゃんは特別な存在だったんだよ。
ワタシはそう思う。
ムックはnico.ちゃんちに来てシアワセだったんだねー。

2014.10.06.21:37

ムックちゃんとnico.さんの思い出、ほんわかしていて心温まる思い出ですね^^*
きっとムックちゃんも幸せだったでしょう、手にとるようにわかります。
ムックちゃんのnico.さんだけに対する態度を、nico.さんなりに独学で解説しているのですが、それがおもしろ可笑しくて、プププ( ´艸`)ってなっちゃいました♪
でも、ムックくんは小さなnico.さんのことも、きっときっと大好きだったはずです!
nico.さんは、小さな頃から動物好きの優しい少女だったのですね^^*
私もワンコも好きなのですが、どちらかというと彼氏が犬派で、私が猫派ってなっております♪
彼氏は猫も好き♪って言ってくれているのですが、実家が犬を飼っていて、昔から犬しか飼ったことがないらしいです。
でも最近、私と付き合うようになってから、なぜか猫に好かれるようになったらしく、野良猫さんや飼い猫さんがよくスリスリしに来るようになった、と言っています(∩´∀`∩)
私の猫スキスキ通信が、クウたちを通して世の猫たちに通じたのでしょうかね( ´艸`)

2014.10.06.22:05

台風、今テレビを見ていて静岡県が大変なことになっているけど、nico.さんのお母様たち、大丈夫ですか?
最近は土砂崩れもひどいから、nico.さんのお母様たち、くれぐれも気をつけるように用心なさってくださいね!

★お返事です★

2014.10.07.10:06

**きんときまめさんへ**

やっぱ、動物好きとしては必ず一度は「犬欲しい〜〜!」ってせがむよね(笑)。私もずーーーっと親に「オマエは絶対、途中で世話を投げ出すからダメ!」と断られ続けてたんですが、中学生になってようやく許可がおりたんです^^
きんときまめさんちの初代ニャンコの思い出話も、いつか聞きたいなあ〜〜!もし、写真とか残ってたらまた見せてね〜〜〜>▽<

ムック、人が家に居るときは鎖を複数つなげてなが〜〜〜〜〜くしており、庭の大半をうろつけるようになってましたが、暑いときはたいていここに居たかな。それでも暑さがガマンできないと、ミカンの木の根元に穴掘って、お腹を冷やしとった(笑)。

きんときまめさんも末っ子さんだから、動物との「家庭内のポジションを賭けた闘い」は熾烈になる気持ち、わかってくれると思ってた〜っ>▽<



**おかみっちょんさんへ**

おかみっちょんさんは、都会育ちのお嬢様ですもんね^^
私はど田舎の山奥育ちなので、周りのお家でもワンコ飼ってる家がほとんど、という環境でして。(外灯も民家も少なくて夜とか真っ暗になるから、昔ながらの犬を飼う理由=番犬としての役割も大きかったんだと思う。)近所で仔犬が生まれるたびに「欲しい!欲しい!」って親を困らせてました^^;

おかみっちょんさん、優しいこと言うてくれるな〜>▽<
そうなんですよね。父親、普段家には一番いないのに、犬にはちゃんとリーダーだってことがわかってる。なかなか良く見てると感心します。
ムックにとっては、唯一偉そうにできる相手が私だったのかなあww
私も、わりと人の前では素の自分を曝け出せない性格なので、ムックの前では嫌われようと怒られようと、「ありの〜〜ままの〜〜♪」姿を出せてたから、大好きだったのかも^^*


**おむおむさんへ**

ムックとの思い出は、私の人生における宝物です^^親にプリプリ怒られながらも、しつこく「犬欲しい」ってせがんで良かったって心の底から思います。
まあ、ムックだけじゃなくて今まで飼った動物すべてのおいて言えることですけどね^^(きっと、動物と暮らした人はみんなそうだよね♪)

動物が好きかニガテかって、ほんと不思議だよね。
たぶんおむおむさんもそうだと思うんだけど、動物好きな人って、物心ついた時から好きじゃん?(笑)よちよち歩きの頃から、どんな大きなワンコに対しても、怖いと思ったことがないんだよね。(今は、犬にも不機嫌な時があるし、もしもそんな時にアホみたいに近寄って噛まれたら、噛んだワンコの方が処分受けるって知ってるから無駄に近寄らないけど^^)

そっかあ♪
カレシさんはワンコ好き派かあ^^
でもさ、犬好きはわりと猫好きともかぶるよね♪犬しか愛せない、とかあんまりきかないもんね>▽<(カレシさんも、猫愛に傾いてるようだしww)
もしおむおむさんカップルがご結婚されたら、人間とワンコとニャンコが共存する微笑ましいご家庭になるのかなー♪とニコニコ妄想がふくらむ私です^^


追伸:実家、隣の市は冠水騒ぎでわりと大変だったようですが、うちは全く被害なかったそうです^^
山奥だけあって高い場所だから水の被害は無いだろうけど、裏山が崩れたらって心配だったんですが、それも大丈夫だったみたい。
ありがとう!!>▽<

No title

2014.10.07.12:47

まるで私の日記かとw
うちにも子供の頃犬がずっといたけど常に犬に見下されてきたのよね。
確か一代目はスピッツ、二代目がチン、三代目はMIXだったっけ…
猫と同じくらい好きだし、犬とも暮らしてみたいけど同じく尻込み。
で、なぜワンコと上手く行かなかったかの理由が今ハッキリしました!
飼い主の器を常に問われるからなんだわw

No title

2014.10.07.15:41

ああ、すごい・・・
nico.さんの、ムックへの愛情がひしひしと伝わりました(^-^)

ムックはnico.さんのことを子分(ごめんなさい^^)だと思っていたのかな・・・
1歩先を歩いて守ってくれる(?)こともあれば
先輩が後輩にかばんを持たせるみたいに
自分を抱っこさせたり・・・(^u^)
nico.さんを通したムックは、天真爛漫で本当に可愛いです!

私も、犬も好きですが
犬は健気過ぎて可愛そうになっちゃうので
猫の距離感が丁度いい、今までそう思っていたんですが
飼い主の器を問われると・・・^^;
「失格!」って言われる!絶対!!(^_^;)

No title

2014.10.07.17:45

あはははははははははははははは(>▽<)
nico.さん、めっちゃかわええ(>▽<)
 
ワンコロムック殿は、nico.さんが兄弟だったんだ(>▽<)
あ、いや、姉妹?
いやいや、姉弟か。
こまかいことはどうでもええな。
 
私も昔は犬が欲しかった。
でも絶対だめって言われたなぁぁ
くそーーーっ。
もっと粘ればよかったな。
 
猫と暮らして、命令とか従えなくていいのが楽だなーって思って。
体力・気力がなくても一緒に暮らせるし(>▽<) ←大丈夫か、この理由w
 
私も犬はムリかもーっ(>▽<)

No title

2014.10.07.18:41

ムック君、nico.さんの事可愛い妹だと思ってたんじゃないですか?
犬は、男性はほぼ無条件に上だと認識しますけど
女性は自分にとってどうゆうポジションか?で判断しますもんね
我が家の犬もそうでした。もちろん私も下っ端w
寝っ転がってTV見てたら、気に入らなかったようで
玄関から走ってきて背中に飛び乗って後頭部を齧られました(犬種はマルチーズですw)
鍵っこで留守番中に寂しくて泣いてたら、洗面所から顔面に寝癖つけた状態でのっそり出てきて、膝に乗って慰めてくれる、厳しくも優しい姉でしたw
本気噛みされ続けて18年間一緒に暮らしていたので、犬にかまれた時の対処法は心得ていましたが、猫(黒いの)に噛まれた時、その対処法が効力なしだと知り愕然としましたw
猫の方が噛み方がえげつない。。。とw

No title

2014.10.07.22:00


ムックはきっと ムクムクのムックですね!
可愛らしいお顔や〜〜♪

たまらんエピソードですね!
年の近い妹分だと思ってたんでしょうねぇ。。。愛おしい!!
一ミリでも前に............(爆)
お散歩の時、完全になめられてるやん!っていう人間、見かけるよね??((((^^;)

ワンコはストレートで甘えた、猫は気まぐれ的なイメージがあるけど、ムックくんの お母さんに対するエピソードを拝見して 『ねころんと一緒やん!^^;』 と思いました。
動物の種類に関係なく、愛情を持って接すれば ちゃんとそれを感じ取ってくれますね。
ニコさんの愛情、ムックくんはイヤっちゅうほど 十分すぎるほどに感じてくれてたと思います!!


★お返事です★

2014.10.08.11:17

**ANKOさんへ**

ANKOさん、3ワンと暮らした経験がおありとは、ワンコ大好きじゃないですか〜〜〜>▽<!
スピッツとチンかあ♪今はスルリンにゃんこちゃんが大好きなANKOさんですが、子供の頃はフワフワわんこと暮らしてらっしゃったんですなあ^^*
猫のほうが気楽ですよね。ワンコは飼い主に不満が溜まり過ぎると謀反を起こすとゆーイメージがありますが、ニャンコはわりと寛容ですよね♪


**hoppetanさんへ**

うはっ!>▽<
抑えようとしても、愛が抑えきれない〜〜〜〜(笑)!!
ホントに私たち一家の中で「王子」だったんですよ。ムック。
母親なんて完全に我が子と同列に置いてたから、よくムックと私の名前呼ぶ時、ごっちゃになっちゃってましたよ(=▽=;)

hoppetnanさんのおっしゃるとおり、正しい飼い主に飼われてる幸せなワンコは、飼い主さんが絶対の存在ですからね。あの忠義心を見ると、プレッシャー。(笑)
動物からは「もう〜〜〜、ダメねえ・・・」って思われつつ愛し愛される関係が丁度良いと思いますな♪猫飼い的には^^。s



**riderさんへ**

「兄弟」てっ>▽<(爆)。
て、今思い返すとムックはたぶん私を女子とは思ってなかったかもしれないなあ・・・。ともすると、私よりもムックの方が行動が繊細で上品だったとも言えます^^;

多感な時期にこういう経験をしちゃうと、「ああ、私ってば犬にまでなめられ放題なんだから、つくづく子分気質なんだなあ。今後もあまり大それた野望を抱かず細々生きていこう」という達観が生まれますよ。(笑)

ワンコを飼うとなると、「雨が降ろうと槍が降ろうと、基本毎日散歩に行かねばならぬ。」という鉄の掟がね〜〜〜〜。おっしゃるとおり、私も体力面の自信がありません^^;
犬飼いの知り合いからはよく「猫は楽よね」って言われますww(が、そう言われちゃうと「いやいや、これでなかなかニャンコも大変なんですよ」と反論したくはなるけれど。笑)

No title

2014.10.08.18:15

**らもらさんへ**

らもらさんも、お兄さんとお姉さんがいらして、末っ子ちゃんでいらっしゃいましたよね^^ワンコにとって、その家の末っ子はすべからく自分より下の存在なんですなあ(笑)。
いやあ、らもらさんのエピソードもなかなかww
犬に不意打ちで後頭部を齧られる衝撃・・・想像して爆笑っ>▽<油断大敵、ということを教えてくれたのかな???^^;
寂しくないように慰めてくれるなんて、すごく優しい。「この子はアタシが守らなきゃ」って思ってくれてたんですねえ。マルチーズの小さい体で、なんてけなげなんだろうと聞くだけでウルウルしちゃう。。。

そう。確かに猫の噛み方はえげつない・・・^^;猫パンチも、けっこうえげつない。(笑)
ちなみにうちのワンコは大きかったので、さすがに本気で噛まれると腕もげるって本ワンもわかってたのか、噛むときは甘噛みでした。私を噛むときと、オモチャのきっちゃないソフトボールを噛む時の噛み方が全く一緒なの(=▽=;)


**とろろ姉さんへ**

ムック、雑種のくせして生意気にも長毛なの〜>▽<。この写真は夏なので、父によって”素人の坊ちゃん刈り”にされてるとこです。伸ばすとジャングル大帝みたいな風情ですよ♪よく散歩のとき珍しい犬ですね、何犬ですか?と尋ねられたものです^^(まあ、雑種ですと答えるしかないわけですがww)

いやあ、犬と暮らすのもなかなか人生の「侘び寂び」を感じられるものです(笑)。あ、ねころんちゃんはとろろ姉さんに対して、そんな風に接するんや〜〜〜!それは、たぶん、ものすごーーーーーーーーく大好きなんですよ。姉さんのことが^^*愛おしいですなあ♡

そうそう。犬でもネコでも、家族になったら一緒^^
一緒に暮らさないと見られないような表情や行動で笑わせてくれたり、愛情をくれますな♪それぞれに関係性の違いはあれど、人生に潤いが生まれるのは間違いないですよね〜〜〜^^!

ワンコ

2014.10.08.21:19

v-132 なるほど、ワンコとはカクカクシカジカだったのですね…
やっぱり猫とは、大きく性質が違うみたい…
 あの、ねこみたいにかわいl、ポメちゃんやチワくんも、こうやって、上下関係を作るのでしょうか… 
v-236
          <ののちゃんより>

あにゃあ

2014.10.09.01:50

わんこさんって序列を決めるっていうものね。
nico.さんは1番下にされていたのね。
でも楽しそう♪
友達だと思っていたんだよね。

ムックちゃんかわいい♪
夏と冬ではいる場所が違うんだね。

No title

2014.10.09.11:09

いいお話ですね。
なんかほほえましいな。
ふさふさしてかわいいワンコさんですね。

ちなみに私もそうです。
まず、まかないという名前をさずけてくれた友達に、
「OOOさんが犬飼ったら絶対ばかにされるからだめだよ」と言われました(笑)。
友達のラブ犬も私は彼よりも下で、泊まりに行くとベッドではしっこにおいやられて、彼がど真ん中に寝てたり、靴をくわえて取れないだろーって家の中をくるくる追いかけごっこしたり。
私には犬はむいてないようです(笑)。

nico.さんの場合は子供だったんですよね?
私のエピソードは全部大人になってからです(笑)。
小さい頃はいなかにいた犬を毎日散歩に連れて行って、うまくいってたんですけどね。

なついてくれたらなついてくれたで、なんか犬って頑張ってる気がして、こっちが気を遣ってしまいます。

私も犬が好きですが、飼える気がしません(笑)。

★お返事です★

2014.10.09.15:48

**kitcatさんへ**

そうですね。
私が一番ネコと犬の違いとして思うのが、犬は自分が尊敬する相手に飼われてこそ、幸せ。ネコは飼い主の人格はどうでもよくて、自分に対して優しいか否かだけが大事。(笑)。

ポメは気が強いですよ〜〜〜!^^;チワワちゃんは身近にいなかったのでわからないけど、ポメはお隣のお家で飼われてたのを私が散歩頼まれてよく行ってたんですが・・・とにかく、ものすごく気が強い。ムックなんてもんじゃなかったです。(笑)そのポメくんにも私、思いっきり「下僕」扱いされちょりました^^;


**harryさんへ**

そうなんですう^^;一番下っ端の地位が自然と確立されておりました。。。
仔犬の頃は私の後をひっついてまわって、すっごく可愛かったのにな〜〜〜。いったいどのタイミングで下克上が行われたのかわからないくらい、ごくごく自然に追い落とされちょりました^^;
でもおっしゃるとおり、それはそれで楽しいんです♪

うち、山奥なので夏はけっこう涼しくて良いんですけど、冬場はすごく冷えるのです。学校で雪降ってなくても家帰ったら積もってる、みたいな(=▽=;)だからムックは冬場は、玄関の中に入れてもらってました^^(ときどき調子に乗って、土間から居間へとカチャカチャ爪鳴らしながら侵入してきて、ビックリするの。ww)


**まかないさんへ**

まかないさんも、小さい頃はワンコと暮らしてはったんですねえ^^
やっぱ、ネコが好きな人は犬も好きな人が多いなあ♪私がムックを飼い始めたのは中学生になってからです^^そんなに小さくはないけど、犬から見たらヒヨッコに見えたんでしょうねww

うんうん。結局ネコとの暮らしが落ち着くっていう人は、ワンコ・・・というか動物に対して強く出れないタイプだと思うのですよ。(私もそう^^;)だからワンコにはなめられ放題なんですよね(笑)。そのくらいの関係の方が、居心地良いんですよね♪

>彼がど真ん中に寝てたり、靴をくわえて取れないだろーって

うぷぷぷぷ(^m^*)完全に、してやられとるやないですかっ(爆)。実に微笑ましい光景です♪♪


No title

2014.10.10.04:54

ムックちゃんとnicoさんの幼い時のお話楽しかった~

昔、一時スピッツが大流行でした
唯、高い声で鳴くから段々と人気が無くなったと聞きました

ムックちゃんは賢いワンコさんですね
キットnicoさんの事を自分の妹と思ってたんじゃないかな~
nicoさんはムックちゃんが可愛くて可愛くて仕方ないのが
手の取るように分かります

私も子供の頃ワンコが飼いたくて親に言うと父が「子供たちで精いっぱいだから犬はダメ」との返答でとうとう飼えませんでした(笑)
でも私は猫派かな~
ワンコをかぅってる人を見ると猫に比べてワンコは相手をして上げないと
いけないので疲れます
=^_^=さんは散歩もエネルギーもいらず殆ど寝てるので楽ですね(笑)
プロフィール

nicocider.

Author:nicocider.


レンタルサーバー



nico.(にこ)

このブログの記述人。
お絵かきマンで、かつ物づくり大好き人間です。
このブログにも猫のことにまぎれて時々作品が登場します。

nico.のホームページはコチラ↓




「Sunny or Rainy?」の過去ログはコチラ



このブログの登場動物たち



孤高の老うさぎ、プッチ
オニギリシスターズの永遠の姉さん。
享年13歳。

その可憐な姿と強い心は、ずっとずっとサニレニ家の伝説として語り継がれることでしょう。






2007年「海の日」に我が家にやって来た元ノラのシマシマニャンコ(♀)、おみそ
只今9歳の天然素材。いろんな意味で猫の領域を踏み越えている。




一人っ子のおみそのために妹を探していた我々夫婦がネットの里親募集記事で一目ぼれした、黒猫のおこげ
「梅宮辰夫」似の丸顔さんだったおこげも、いまや立派なお年頃♪
只今8歳です。
天真爛漫なくろなまこちゃん。

おこげの登場により、我が家の2匹の猫さんたちはおこげの教育担当さくらまま。さんより「おにぎりしすたーず」というありがたい呼称を頂戴することになったのです♪

にほんブログ村 猫ブログへ a_04.gif


最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア


                            marunekobanner.gif

nekobukurobanna.jpg

abnomal_club_4.jpg

omiokobana.gif

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。